FC2ブログ

ゴー宣道場

 以前、『5ちゃんねる』のゴー宣スレで見たのだが。
 「モリカケ」問題は、安倍政権の憲法改正を潰すため。
 「桜を見る会」も同じ。

 たしかに「モリカケ」で時間をつぶしていたら、改憲勢力が減った。

 で、野党は「桜を見る会」を追求するために会期を延長するぞ、と。
 それは「桜を見る会」に参加した安倍晋三の後援者まで追求されることになるだろう。

 で、安倍晋三は白旗を上げた。
 野党が望む憲法改正の先送りで手打ち。
 憲法改正を望んでいるのは安倍晋三の後援者。
 後援者も国会に招致されるハメになったら困るだろう。

 政治家ではなく、その後援者を俎上に乗せた野党のほうが一枚上手だった。
 ただし野党の目的が改憲阻止であるから、「モリカケ」と同様に「桜を見る会」の騒動も収束すると思われる。


 で、憲法改正を望んでいた小林よしのり先生の「ゴー宣道場」にも影響するのでは?
 と思っていたのだが、そんなことはなく、大成功だったみたいですね。


 『イボナメクジ通信
 ゴー宣道場ではアンチにメーリングリストの情報を流しているスパイ狩りが行なわれているらしい。
 そういうの大好物なんですが。
 鷲ヲ夫妻に近い人を手当たり次第にメーリスから排除しよう、と。
 鷲ヲが情報を入手できなくなったら、そのときに排除された人物がスパイだったということで。
 でもこれ、あまり良いやり方ではないと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

日記

 熱力学っぽいのを記事にしたいんだけど、なかなか文章が出てこない。

 じゃあ、『イドラ』でも話題にしようか、となるんだけど。
 「ヴァルターの戦士道」がクリアできない。
 相手のメリッサとトトノットのエレメンタルブラストで壊滅する。
 それに耐えられるほどHPがあれば楽勝みたいなんだけど。
 でもLVを100にしてもダメなら、限界突破でステータスを上げるしかない。
 となると、結局「pay to win」じゃねーか、と。

 話題がないと、つい小林よしのり先生の「ゴー宣道場」をネタにしたくなるんですが。
 ↓『毎日新聞』首相、憲法改正「20年施行」を断念 「21年国民投票」に修正(2019年12月7日)
 安倍晋三首相は憲法改正を巡り、自らが目指した「2020年改正憲法施行」を断念した。相次ぐ閣僚の辞任や首相主催の「桜を見る会」の問題で野党の反発が高まり、改憲の手続きを定める国民投票法改正案の成立が見送られ、20年施行が困難となったためだ。首相は自民党総裁任期が満了する21年9月までに国民投票実施を目指す目標に事実上修正する方針。任期中の施行にこだわらない姿勢を示し、野党の協力を得たい考えだ。複数の与党関係者が明らかにした。

 明日、名古屋で「ゴー宣道場」が開催されるらしい。
 ゲストは立憲民主党の山尾志桜里議員。
 たしか憲法改正を主張していたはず。
 その憲法改正が先送りされた。
 ゴー宣道場でも話題になるんじゃない?
 批判が向けられるのは、先送りした安倍晋三か、「桜を見る会」を追求した野党か?
 ひと波乱ありそうな予感。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

1=0.999…その6

 昨日それを見つけて勢いで書いてしまったから、もう少し丁寧に書き直しておこう。

 ↓結城浩という人のツイートで。
lim01.jpg
 これで、0.999…=1と言っているみたいなんですが。

 でも、↓『ウィキペディア』極限(lim(リミット))
実数の数列が収束する (converge) あるいは有限の極限を持つ若しくは極限が有限確定であるとは、番号が進むにつれてその数列の項がある1つの値に限りなく近づいていくことをいう。

 0.999…の桁が増えていくと限りなく1に近づく、ということを意味しているのであって。
 0.9に0.09を加えて、さらに0.009を加えて、を繰り返していくと1に近づいていく。

 『Excel』でもおなじみのΣ(シグマ)は、数列の合計。
 9/10^1から9/10^∞までを足していく。

 9/10^1=0.9
 9/10^2=0.09
 9/10^3=0.009

 これを足していくと0.999…になる。
 9/10^kを加えるごとに1に近づいていく。
 1に収束する。

 だから上記画像は、
 「0.9に0.09を加えて、さらに0.009を加えて、を繰り返していくと1に近づいていく」
 を記号で表しているだけです。

 もちろん私も「1に近づく」「1に収束する」というのは、その通りだと思う。
 でも問題は「0.999…は1に近づいていくが、1になることはあるのか?」です。
 で、結城浩は「0.999…は1に等しい」と言ってしまう。
 『ウィキペディア』先生も「収束する」と表現しているのに。


 そもそも。
 1/3=0.333…
 1/3×3=1
 でも0.333…×3=0.999…
 なんで?という話であって。

 1/3を0.333…と表現して、それの3倍を0.999…としているのが間違い。

 0.333…の段階で、余り0.000…01をどうしているのか?という疑問もあるが、0.333…と表現するのは間違いではないと思う。割り切れないから。
 しかし、1/3を0.333…としたものを3倍したときに、0.999…とするのは間違い。
 3倍すれば余りが割り切れるのであるから、0.9+0.1=1になる。
 「0.9+0.1=1」が分からない人が、「0.999…=1で合っている」と言い張っている。


 これ、いつ思いついたんだっけ?と調べてみたら2016年だった。
 でも文章にするのが面倒くさくて今まで放っておいた。
 で、思い出したんだが、たしか数学の有名人が間違ったことを言い出して、それを踏襲している、という認識だった。
 なんていう数学者だっけ?
 なんの本で読んだんだっけ?
 その本が見つからない。


 「0.999…=1」と言っている人たちの詭弁は、「1に収束する」を「1に等しい」とすりかえている。
 単に「0.999…の桁を増やしていくと1に近づいていく」と言っているだけなのに。

 それよりも、私の「0.9+0.1=1」に対する反論がほしい。
 「0.9+0.1=1」と「0.999…=1」は、どちらかが間違っている。
 数学者は「0.999…=1」を信じているんだから、「0.9+0.1=1」を否定してくれるはずだが。
 でも、こんな場末のブログで主張していても、まったく拡散力がない。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

1=0.999…その6

 あー。本当にごめんなさい。
 こっそり「ゴー宣道場」のみんとさんのツイッターを見ていて。
 そしたら、結城浩という人のツイートを見つけて。
lim01.jpg
 ↑これで、0.999…=1と言っているみたいなんですが。

 でも、↓『ウィキペディア』極限(lim)
実数の数列が収束する (converge) あるいは有限の極限を持つ若しくは極限が有限確定であるとは、番号が進むにつれてその数列の項がある1つの値に限りなく近づいていくことをいう。

 0.999…の桁が増えていくと限りなく1に近づく、ということを意味しているのであって。
 0.9に0.09を加えて、さらに0.009を加えて、を繰り返していくと1に近づいていく。

 もちろん私も「1に近づく」「1に収束する」というのは、その通りだと思う。
 だから結城浩の「lim」を含んだ表現は、「そうですね」としか言えないんですが。
 なんて言えば分かるかな?
 これは「数列」の話。

 でも0.999…=1を「計算」として扱う場合は、「1=1」でなければならない。
 「収束する」は問題にしていない。

 だから「0.999…は1ではない」と「0.999…は1に収束する」では、話がかみ合わない。

 まぁ『ウィキペディア』の記述が変わったら私も考え直すかもしれないが、『ウィキペディア』先生がそう言っているんだから私のほうが正しいはず。


 そもそも。
 1/3=0.333…
 1/3×3=1
 でも0.333…×3=0.999…
 なんで?という話であって。
 これがなぜなのか分からなくて「1=0.999…で合っている」としてしまったんでしょ?
 数学者が知ったかでやらかしたんでしょ?

 で、1/3=0.3。余り0.1。
 0.3を3倍すれば0.9。
 余り0.1を3倍すれば余り0.3。
 余り0.3は3で割り切れて、実数0.1。
 0.9+0.1=1

 1/3×3=0.9+0.1
     1=1

 という正しい答えが2019年に見つかったわけです。
 「余りを足したら割り切れるじゃん」というのが新しい知見です。
 それ以前の答えは残念ながら間違いです。
 まぁ「無知の知」というヤツなんで、「自分は分かっている」と思い込んでいる数学者には分からなくても不思議ではない。


 結城浩は以下のようにも言っている。
表記の問題として注意深く見てほしいのですが「0.999…9」と「0.999…」とはまったく異なります。「0.999…9」と表される数の値は1より小さいです。「0.999…」と表される数の値は1に等しいです。

 「「0.999…9」と「0.999…」とはまったく異なります」
 これは結城浩の中で、そう思っているだけでしょ?
 でも自分自身ではよく分かっていないから、こういうことを言ってしまう。
 教えてあげると、結城浩は「0.999…9」は実数で、「0.999…」は数列と考えている。

 実数だから「「0.999…9」と表される数の値は1より小さいです」。
 その通り。

 「「0.999…」と表される数の値は1に等しいです」。
 これは間違い。
 正しくは「0.999…」と表される数の値は1に「収束する」。
 その意味では結城浩よりも、「収束する」と表現していた『ダイヤモンドオンライン』の桜井進のほうが正しい。

 「等しいです」と言いたいのであれば「0.999…」を数列ではなく実数として扱わなければならない。
 「0.999…9」と「0.999…」は同じ数で、
 「0.999…9」と「0.999…」は1よりも小さい。


 この結城浩は『数学ガール』という本を出している人らしくて。
 まぁ定説とは違ったことを言ったら出版できない、という事情は分かる。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

イドラ/ver1.11.0

 無料10連でアンナマリーが2枚出た。
 200連で★5は4枚。

 ミントガチャ。10日まで。
 恒常キャラだった。
 ステップアップだと思っていてダイヤ27000個貯めていたのだが。
 チケットがあまりなくて。
 でもラッキーチャンス有りの単発チケット5枚目で出た。
 2枚目どうしよう?と迷っているところ。

 アリーナシンボルガチャ。30日まで。
 24連目で、スターリー・デコレイトが出た。

 12トライチャレンジ。15日まで。
 どこまでクリアしたか忘れてしまうんだが。
 「アリーナに10回参戦する」以外はクリアしているはず。
 で、「アリーナが中断する」というのが続いているため、それはまだクリアできていない。

 この中断は、ケーブルテレビのwifiがダメなのか?
 そういえばBS放送でもけっこうノイズが入っている。
 まぁBSフジとDlifeだけなんで無視しているが。

 で、アリーナで「6回分の挑戦権を1戦で消費する」という機能が追加されたが。
 中断するかもしれないから使えない。
 この中断があるから、いまいちこのゲームを楽しめない。
 このゲーム、2D版作ってくれないかな?
 データ量が減れば変わるんじゃない?

 試練クエスト「ヴァルダーの戦士道」。19日まで。
 最終戦で負けた。
 とにかく受けるダメージが大きい。
 とりあえず後回し。

 ストーリー13章。
 なんかあっけなかった。
 無理なくクリアできる難易度にしたせいか?
 ゲルダやグスタフが消滅したが、これも盛り上がりに欠けて。
 なんとなく「あとで復活するんだろ?」と思わせたのがダメなのか?
 むしろローザリンデのキャラ設定が弱いのか?
 唯一よかったのは、次回予告のBBAのエロシーンだけ。

 ユリィが新イドラを使えるようになったが。
 属性を変更したい。

 『ゲームエイト』でイドラの攻略が開始。
 アリーナの攻略をやってくれ。
 いまいち分かってない。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ