fc2ブログ

アズールレーン/鏡写されし異色

 限定ガチャ、20回回して。
 SSR・U-47、1枚。
 SSR・Z46、1枚。
 SR・Z25、1枚。
 R・Z19、3枚。

 ガチャはあとSSR・グラーフ・ツェッペリンとSR・Z35。

 ドイッチュラントは、B1、B4、C4、D1、D4でドロップするらしい。
 まずは低燃費でB1を周回かな?
 それとも、B1よりもD4のほうがドロップしやすい、とかあるのかな?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

アズールレーン/鏡写されし異色

 今日から7月15日までの「鏡写されし異色」。復刻イベント。
 前回のときは、このゲームを始めたばかりで満足にできなかった。
 SSRティルピッツ、SSRZ46、SRアドミラル・ヒッパー、RZ19、NZ20、NZ21は入手済み。

 取り逃がしたのは、SSRグラーフ・ツェッペリン、SRドイッチュラント、SRシャルンホルスト、SRグナイゼナウ。
 今回、新たに追加されたキャラもいて、SSRU-47、SRZ25、SRZ35、SRU-557。

 「Pt素子」の累計獲得数10000個でU-557。
 2枚目は15000、3枚目は40000、4枚目は60000。

 「Pt素子」の消費で。
 8000個で、ティルピッツ。
 4000個で、グナイゼナウ。
 6000個で、虹装備(魚雷)。

 限定ガチャで。
 グラーフ・ツェッペリン(2%)。
 U-47(2%)。
 Z25(2.5%)。
 Z46(1.5%)。海域ドロップあり。
 Z35(2.5%)。海域ドロップあり。
 アドミラル・ヒッパー(2.5%)。海域ドロップあり。
 Z19(5%)。海域ドロップあり。

 上記のほかの海域ドロップ。
 ドイッチュラント、グナイゼナウ。

 B4かD4クリアで、シャルンホルスト。

 ポイント関連は、問題なく入手できるだろう。
 ガチャは出るまで回すし。
 一番入手しづらいのは、ドロップのみのドイッチュラントだと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

アズールレーン/ボトムズコラボ

 今日、終了した「墨染まりし鋼の桜」イベント。
 結果は。

 「御守り」の累計獲得数は30010個で、SR陸奥は2枚。

 限定ガチャは62回回して。
 SSR長門1枚。
 SSR江風2枚。
 SR春月2枚。
 SR宵月2枚。
 R文月5枚。
 R朝潮2枚。
 ハズレSSRは、フッド1枚。

 海域ドロップは、R大潮1枚。

 「御守り」の交換で。
 SR榛名1枚。
 SR金剛1枚。
 R大潮1枚。
 残りの「御守り」は何と交換すればいいんだろう?
 強化ユニットでいいの?

 なんか、焦って課金してしまったが、あとから見ればぜんぜん楽勝なイベントだった。

 で、今日から「ボトムズコラボ」。27日まで。
 14個の簡単な任務をクリアしたら、家具「マーシィドッグ」がもらえる。
 「マーシィドッグ」の大きさが気になる。

 で、潜水艦が実装。
 SR伊58はチュートリアル的なやつでもらえる。
 でも、そのチュートリアルがよくわからなかった。

 特型ガチャに、SSR伊19、SSRU81、SR伊58、SR伊26、SRデイスが追加。
 でもピックアップではないので回すつもりはない。
 資金が無いし。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン

米朝首脳会談

 内容はよく分かっていませんが。
 「トランプはテレビ慣れしているなぁ」と思った。

 「内容が分からない」と言うのは。
 「本当に首脳会談をやるの?」と直前まで思っていて。

 ↓『AFPBB News』トランプ大統領、金正恩氏との電話会談は「全く問題ない」(2018年1月7日)
ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は6日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と直接対話もいとわない姿勢を示し、北朝鮮と韓国の高官級会談が北朝鮮の核開発をめぐり緊迫化する朝鮮半島情勢の沈静化につながることに期待を寄せた。

 1月のニュース。
 記者から「金正恩と直接会談する可能性もあるのか?」と質問され、トランプは「そうだ」と答えたのだが。
 そのときトランプは、首を横に振りながら答えていた。

 ↓『ウィキペディア』ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る
『ライ・トゥ・ミー』(原題 "Lie to Me")は、アメリカ合衆国のFOXで2009年から2011年にかけて放送されていたテレビドラマ(海外ドラマ)シリーズ。
(中略)
精神行動分析学者であるカル・ライトマンが、「微表情」と呼ばれる一瞬の表情や仕草から嘘を見破ることで、犯罪捜査をはじめとするトラブル解決の手助けをする姿を描く。主人公であるカル・ライトマンは、実在の精神行動分析学者であるポール・エクマンをモデルにしている。


 ライトマン博士は「首を横に振りながら肯定したら、それは嘘だ」と言ってた。
 だから私は、ずっと「トランプは首脳会談をするつもりがない」と思っていた。

 でも。
 首脳会談してるじゃん。
 どうなってるんだよ、ライトマン。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へblogram投票ボタン