fc2ブログ

日記

 眠い。
 この眠さはなんだ?と考えると、筋肉痛で疲労しているのか?

 大晦日にヒザを痛めて。
 最近、やっと走れるようになった。全治4週間。
 で、公園に「健康遊具」って言うんですか?懸垂できるのがあって。
 バーの高さまで顔がぜんぜん持ち上がらないが、それをやったら筋肉痛。
 なんか、だるい。

 インフルエンザ。
 アル中になったら風邪をひかなくなった。
 ぜんぜんうれしくないが。

 昨日のテレビ朝日『グッドモーニング』だったと思うが。
 インフルエンザ予防で「会社の中で舞茸の味噌汁を飲む」とかやっていたが。
 生の舞茸に熱湯を注いでいるだけ。
 え?それで舞茸が煮えるの?舞茸は生のままじゃないの?と思った。

 スマホゲーム。
 『リボルバーズエイト』。やっぱりやらなくなった。
 同じようなゲームの『クラッシュロワイヤル』が私には合わなかったから、当然だが。
 「コレが出てきたら、コレを出す」という基本を覚えるのが面倒くさくて。
 でも、毎日、無料のカードは引いている。
 次の土日にまたチャレンジしてみるつもり。

 スマホゲームで一番面白いのは、SUNSOFTの『上海』じゃないか?と思う今日この頃。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

肱川あらし

 先週の報道ステーションで「肱川あらし」というのを知った。
 ↓『ウィキペディア』肱川あらし
肱川あらし(ひじかわあらし)とは、初冬の朝、大洲盆地で発生した霧が肱川を下り、白い霧を伴った冷たい強風が河口を吹き抜ける現象。愛媛県大洲市で観察される。

 肱川の両岸が山で、それが河口付近まで続いているため、冷たい空気が拡散されにくく、霧が発生し続けるのだろう。

 海風(かいふう)。
 太陽の光が物質に照射されることで熱が発生するが、海よりも陸地のほうが暖まりやすい。
 陸地が暖まると、空気が熱によって膨張する。
 空気の密度が低くなる。
 空気の密度が高い海側から、空気の密度が低い陸地側に風が吹くのが海風。
 天気予報で高気圧から低気圧に風が吹くと説明するのと同じ。
 暖かい部屋に冷たい風が入ってくるのと同じ現象。

 日中、海から大洲盆地に水蒸気を多く含んだ海風が流れ込む。
 で、夜は、海に比べて陸地の温度が下がりやすい。
 大洲盆地の気温が下がると、空気中の水蒸気が冷やされ霧(盆地霧)が発生する。

 陸地の気温が一番低くなる朝、海はまだ比較的暖かく、そこに日光が照射される。
 海風とは逆に、今度は海側の空気の密度が低く、陸地側の空気の密度が高いことから、陸地から海に向かって陸風(りくふう)が吹く。

 この陸風に乗って大洲盆地の霧が海まで移動するのが「肱川あらし」。
 霧は肱川に沿って移動するが、この肱川から出る水蒸気が大洲盆地からの冷気によって冷やされ、新たな霧(蒸気霧)が発生することで、この現象が持続する。

 さて、報道ステーションで見た「肱川あらし」は、「かなり風が強いな」と思って。
 「肱川あらし」は気象庁の予報用語でいう「強い風」になることもあるらしい。
 風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出てくるレベル。
 で、私の持論である「霧は風を発生させる」。
 ただの陸風では、そこまで強い風にはならないだろう。

 空気中の水蒸気が冷やされて霧になるとき、凝結熱が発生する。
 気体(水蒸気)が液体(霧)になると空気が暖められる(気化熱はこれの反対で水が気体になるとき冷やされる)。
 空気が暖められると膨張し、空気の密度は低くなる。
 風は密度の高いほうから低いほうに流れる。
 陸風や海風がまさにこれであり、これと同じ原理で、霧が発生したときの凝結熱によって空気が暖められ、風を発生させる。
 「肱川あらし」は、陸風に蒸気霧の凝結熱による風がプラスされるから強風になる。
 というのが私の説なんですが。

 でも、空気が暖められると、
 1)暖かい空気は上昇する。
 2)暖かい空気は膨張する。

 という2つの事実があって。
 私の説は2)に基づいているが、主流は1)に基づくもの。
 暖められた空気は上昇するから低気圧になり、そこに高気圧からの空気が流れ込む。
 この「循環説」が邪魔。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

あけましておめでとうございます

 元日から満身創痍です。
 ジョギング中にすっころんで。
 ヒザにベタベタ絆創膏を貼ったが、絆創膏の下でジュクジュクなんかの汁が出ているのが怖い。
 それよりも右手首が腫れて痛い。
 昨日の夜は痛くて眠れないし。
 自分の手の重さが痛みになる。
 で、今日起きたら、いくらか痛みはマシになっているが、メシを食うのも一苦労。

 何もできないので昨日録画した『朝まで生テレビ』を見てみたが。
 全部で5時間半なのに、そのうち3時間が少子化。
 沖縄問題も少しやったが、情報を持っているのが元防衛大臣の森本敏ぐらいなのが。
 ほかの人たちは自己主張しないで森本敏から情報を引き出せばいいのに。
 まぁ、隣にいた自民党の齋藤健が「しゃべりすぎんな」的に森本敏を止めようとしたのは面白かったが。

 2018年を振り返る的な番組じゃなく、2019年の外交予測を見たかった。
 2019年はいろいろありそうなんだけど。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ