fc2ブログ

禁忌

 『5ちゃんねる』を見ていたら、↓「【衝撃!】脳内がサナダムシだらけ!MRI検査で判明 インドの18歳 ※ 閲覧注意」というスレがあって。
 清潔さや衛生管理が行き届いている日本社会では、信じがたいことだが、いまでも生の魚を食べて寄生虫に感染するケースは少なくない。

 生鮮魚の輸送流通システムの発達によって、かつては北海道や東北、北陸地方が多かったが、近年は全国的に見られるようになり、首都圏でも千葉県の男性が禁止されている豚肉の生レバーを食べてサナダムシに感染する事件が2016年にあった。しかしインドでは18歳の男性の脳内で、多数のサナダムシの幼虫が見つかった!

 マサチューセッツ内科外科学会が発行する医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に3月28日に掲載された報告書によると、インドの首都デリー近郊にあるファリダバドという町に住む18歳の青年がある日、てんかんの発作を起こして大学病院の救急外来に搬送された。

 ESIC医科大学病院のニシャントゥ・デブ(Nishanth Dev)医師が両親に尋ねたところ、患者は1週間前に右足のつけ根の鼠径部に痛みがあり、右眼のまわりが腫れていて、右の精巣にもコブ状の嚢胞(のうほう)があるなど、右半身に異常を訴えていた。

 そこで体内を断面状に調べるMRI検査を実施した結果、大脳と小脳のいたるところに多数のサナダムシの幼虫が寄生しているのが見つかった。幼虫が中枢神経に侵入すると、「神経嚢虫(のうちゅう)症」を引き起こし、けいれんや平衡感覚の乱れなどさまざまな症状を引き起こす。

 汚染された加熱不十分な豚肉を食べたあと、成虫が腸内で卵を生み、孵化した後に幼虫が腸壁から体内に侵入し、血流を介してさまざまな臓器に移行することで発症する。症状が起こるまでは数年かかることもあるため、何年も無症状の場合もあるという。

 この18歳の青年の場合は、幼虫の数が多すぎて抗寄生虫薬を投与すると、脳が炎症を起こしたり、視力を失うおそれがあった。そこで抗てんかん薬と炎症をおさえるステロイド剤による治療を始めたが、その甲斐もなく2週間後に死亡した。

 日本では豚肉を生で食べる習慣がないため、鮭やマスなどの魚に潜む幼虫が原因になるケースが多く、国立感染症研究所の寄生動物部では2007年から11年間で114件の診断を行ったほか、学術誌の症例報告数を加えると440件近い発生があるというから、年間に平均で40件以上発生していると考えられている。


 で、『5ちゃんねる』の諸賢が言うには。
 「豚肉を食べてはいけない」「牛肉を食べてはいけない」という宗教的禁忌があるのは、上記記事のような危険があるからだ、という考察。

 なるほど、と思った。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ロシア疑惑

 ↓『日本経済新聞』トランプ氏、ロシア疑惑の捜査結果「公開しても良い」(2019/3/21)
トランプ米大統領は20日、ロシアとの不透明な関係をめぐる疑惑「ロシアゲート」の捜査結果について「公開しても構わない」と語った。米国民の多くが結果に関心を持っており、透明性の確保が重要だとの認識をにじませた。ただ公開の判断は「司法長官に任せる」と語り、司法省内の手続きに関与しない考えも示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

ロシア疑惑をめぐっては、モラー特別検察官が捜査報告書を近くまとめて、バー司法長官に提出するとの見方がある。トランプ氏は報告書について「公表してみよう」「国民に見てもらおう」などと語った。一方、大統領には司法長官に報告書を公開させる権限があるとみられているが、トランプ氏はバー氏に判断を委ねると説明した。

トランプ氏は捜査に対する批判を繰り返した。モラー氏などの捜査担当者を「(トランプ氏への)怒りに満ちた民主党員」と強弁し、疑惑捜査は「ばかげている」と非難した。2016年の大統領選でのロシアとの共謀疑惑も改めて否定した。

司法長官には捜査結果の議会報告が義務づけられているが、バー氏はその内容を捜査報告書の一部にとどめる考えを示唆している。野党・民主党にはトランプ氏の不正行為が隠蔽されるとの懸念がある。民主党が多数派を占める下院は今月14日、報告書の全面公開を求める決議案を可決した。

捜査結果は、議会がトランプ氏の弾劾を発議する根拠になる可能性が指摘されている。


 ロシア疑惑は民主党の失点になるから、トランプとしては大統領選まで引き延ばしたいのでは?

 ↓『ウィキペディア』2016年アメリカ合衆国大統領選挙におけるロシアの干渉
アメリカ国家安全保障会議(NSC)欧州理事会のベンジャミン・リード元特別補佐官によると、2015年には既に、ロシア情報機関と関連が疑われるハッカー集団が民主党全国委員会(DNC)の情報システムに侵入。その後の、ヒラリー・クリントン候補に不利な電子メールの大量流出に繋がった。 このデーターは官庁などの漏洩したデーターを収集するサイト、ウィキリークスにて公開されている。このサイバー攻撃からロシアの関与が疑惑として持たれていた。トランプ大統領は、介入の存在は認めてロシアに対する非難や制裁を行っているが、トランプ陣営とロシアの共謀は否定している。

 ヒラリーに関するメールがウィキリークスに流出したことを「ロシア疑惑」と呼んでいる。
 曰く、ロシアのハッカーが民主党のサーバーに侵入した。
 ロシアはヒラリー嫌いだから、トランプを大統領にするために。

 でももう一つ、説があって。
 ↓『TrendsWatcher』ロシアの米国大統領選への関与疑惑の真相(2016.12.19)
 英国のクレイグ・マレー前駐ウズベキスタン大使は、14日にクリントン選挙陣営とDNCのメール情報に法的アクセス権を持つ「不満分子」内部告発者グループから情報を受け取り、ウィキリークスに直接渡したことを暴露した。
 メレー氏は9月に渡米、米ワシントンD.C.にあるアメリカン大学に隣接している林の一角で、告発者の代理人から機密情報を手渡されたと述べている。メレー氏によれば、
「情報は内部リークであり、ロシアによるハッキングではない。」
「告発者たちは、クリントン財団の汚職や民主党候補者選でバーニー・サンダースが勝利できないように情報操作、選挙工作を行ったことに不満を持った民主党内部の複数の人物たちである」


 民主党の予備選でヒラリーとサンダースは争っていたが。
 ヒラリー陣営がサンダースに妨害をして、それに不満を持った民主党関係者がメールを流出させた。

 私は「民主党関係者による内部リーク」のほうを信じているんですが。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

牛丼、ロシア進出

 ↓『朝日新聞DIGITAL』牛丼「松屋」がロシア進出 日本食店は飽和気味、勝機は(2019年3月20日)
 牛丼チェーンの「松屋」を展開する松屋フーズがロシアに進出し、4月にもモスクワに1号店をオープンする。日本のファストフード店のロシア進出は珍しく、牛丼チェーンの進出は初めて。

 松屋フーズは米国、中国、台湾に直営店があり、ロシアは海外で4番目の進出先となる。カレーやラーメン、とんかつなども提供し、モスクワを中心に今後5年間で約30店舗のオープンを目指す。

 ロシアでは日本食の人気が高く、日本食の店は全国で2千店以上で飽和気味とも言われる。だが、メニューの多くはマヨネーズやチーズなどをふんだんに使った巻きずしなどロシア風にアレンジされているため、日本人が食べ慣れている「本当の日本の味」を安価で提供すれば新たな市場が開拓できると判断した。


 私はマヨラーではないのですが。
 牛丼には必ずマヨネーズです。
 もちろん店にマヨネーズはないので、持ち帰りになります。

 「日本人が食べ慣れている「本当の日本の味」を安価で提供すれば新たな市場が開拓できると判断した」
 ロシア人はマヨラー。
 マヨ牛丼を売るべきじゃないの?

 ちなみに私は、カレーにもマヨネーズです。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

任天堂スマホ

 ↓『エンガジェット』任天堂、自社スマートフォン発売を検討中?「Nintendo Switchと統合できる」デバイスのうわさ
台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesの情報筋によれば、任天堂はXiaomiやVivo、Nubiaと並んで「ゲーミングスマホ市場でのプレゼンスを強化するか、参入を計画している」とのこと。さらには「自社のNintendo Switchと統合できるゲーム用スマートフォンの発売を検討している」という憶測があると報じています。

 スマホに必要なのはLRボタンだと思う。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ