fc2ブログ

無党派層はリベラルなのか?

 ↓『BLOGOS』こんな「リベラル」が日本にいてくれたらいいのに - 大賀祐樹 / 思想史
「自民党には入れたくないけど、かといって他に入れたい政党は無いなぁ……」
選挙で投票する時、こんな風に感じたことのある人もいるのではないだろうか。自民党の一強状態が続いているとしても、無党派層の数は多い。二〇一九年七月のNHKの世論調査では、自民党の支持率34.9%に対して、「支持なし」の回答は38.3%と上回っている。一方、野党で一番支持を集めた立憲民主党でも5.8%に留まる。安倍内閣を「支持しない」という回答が31%であるのに対して、与党の公明党を除いた野党の支持率の合計は保守寄りとされる日本維新の会を入れても14.1%に過ぎない。

このことから考えられるのは、自民党や安倍内閣を支持する人が多く存在している一方で、自民党や安倍内閣を支持したくないと考えている人も少なからず存在していること、それにも関わらず、自民党や安倍内閣以外に積極的に支持したいと思える政党があると感じる人がかなり少ないということ、つまり「自民党や安倍内閣を支持したくない人の多くが積極的に支持したいと思える政党」が存在していないということである。
(中略)
冒頭に述べたように、現在の日本では、保守政党、保守政権を支持しない、リベラルな傾向を持った人たちが支持したいと思える政党が存在していないという問題がある。


 本当に「支持政党なし」はリベラルな傾向を持った人たちなのか?
 そこが疑問なんだけど。

 まず、私には「自民党は右派」とは思えなくて。
 自民党は経済界に支持されている「中道」なんじゃないの?
 だからグローバリズムを推進する。アメリカ民主党と同じ。

日本の左派は経済問題に正面から取り組まなければならないほどの切迫した事情に置かれなかったため、講話問題や基地、安保、憲法といった、政治問題だけに取り組むこととなったのであろう。反面で、吉田茂首相以後、自民党の「保守本流」が「軽武装・経済重視」を掲げ、雇用や将来の年金問題などで不安を抱える現代の若者たちから見ればうらやましく感じられるほど安定した経済と福祉国家的社会体制を築いていったのだから、欧米型リベラルの存在はますます必要とされなくなっていった。

 「反面で」と言うが、自民党の経済政策がリベラル的であったから、左派は経済を問題にする必要がなかった。

 日本の政治の問題は、アメリカ共和党やトランプ大統領的な右派政党が無いこと。
 右派政党がないから、農業や宗教といった本来、右派的な人たちも中道の自民党を支持するしかない。

 中道である自民党に投票しても企業やエリートの利益にしかならない。
 左派政党も世界の統合(グローバリズム/新自由主義/社会主義)を進めようとしていて、その枠組みの中で貧困層に税金をばら撒くという立場。

 「支持政党なし」は、企業に搾取されることなく、自分の労働に対して正当な報酬を望む「取り残された人々」。
 「世界統合」という枠組みの中では、労働者は取り替え可能な労働力。
 その枠組みをどうにかしなければならない。

 「取り残された人々」は、自民党にも左派政党にも投票できないから「支持政党なし」。
 唯一、山本太郎が「取り残された人々」にアピールしているが、しかし左派であるのが残念。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

『イボナメクジ通信』/荒らし

 『イボナメクジ通信』のコメント欄で荒らしをしている人がいる。
 それを鷲ヲは、小林よしのりのアシスタントの奥さん「肉ヘドロ(仮名)」だと考えている。
 その文章は、「イカ草夫(仮名)」に似ているのだが、イカ草夫になりすました肉ヘドロだと。

 イカ草夫は住所を公開していて、たしか地方に住んでいたはず。
 で、鷲ヲはブログのアナライズで、コメントした人は東京から書き込んでいると分かっているのだろう。

 だから荒らしはイカ草夫ではない、と。
 そして東京であるなら肉ヘドロだろう、と。
 そんな推測を鷲ヲはしていると思う。

 まぁそう考えるのが妥当か。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

玉ねぎ

 禁酒3日目。
 まだ飲みたい気持ちが出てくる。
 どうしても「飲むわけにはいかない」という理由もないので、何度も禁酒は失敗しているのですが。

 最近、ハマっているのが玉ねぎ。
 ↓『CoCoKARA』たまねぎの驚くべき効果効能(2020/1/1)
たまねぎに含まれるグルタチオンが人体の肝臓や眼球に多く含まれているので、たまねぎを食べると肝機能を高め白内障がなりにくくなるのです。

 玉ねぎ多目のチャーハンを作ったら、↓こんな感じになった。
jojo03.jpg

 玉ねぎを切っているときの、刺激が目に入ってくるのではなくて。
 食べた後に、刺激が目の奥から外に出て行く感じで。
 その刺激が面白くて。
 玉ねぎは肝臓にも良いらしい。


 ↓『田辺三菱製薬』メタボリックシンドロームと肝臓の深い関係
肝臓の働きは多岐にわたり、アルコールなどの「解毒」はよく知られているところです。しかし、あまり知られていないのですが、肝臓は「代謝」という働きももっています。
(中略)
何らかの原因で肝細胞が壊れ、肝臓がうまく働かなくなると、糖や脂肪の代謝がうまくできなくなり、高血糖や脂質異常になります。高血糖や脂質異常は、脂肪肝を引き起こし、さらなる肝機能低下をまねくという悪循環に陥ります。
このように、内臓脂肪型肥満に高血糖や脂質異常、高血圧が重なったメタボリックシンドロームと肝機能は、深い関係にあるのです。


 暴飲暴食で太った分を何とかしたいと思ってジョギングしていたけど。
 まずは肝臓の回復が必要な気がする。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

フェミニズム

 フェミニズムをネットで調べた。
 でも。皇統問題でもそうだけど、
 そのうち自然に解決される問題だから、別に私が関わらなくても、と思って。
 で、論争になりそうなところは避けて概要だけ。

 第1波フェミニズム。1790年ぐらいから。目的は女性の参政権。

 第2波フェミニズム。1950年ぐらいから。
 この第2波の目的が分かりにくい。
 ↓『ウィキペディア』フェミニズム
女性解放運動は女性を拘束しているとする家族や男女の性別役割分担、つくられた「女らしさ」、更にはこの上に位置する政治・経済・社会・文化の総体を批判の対象にしていた。

 で?どういう社会になるの?
 「共産主義社会」と同様に、目指す社会像を明示できない。

 経済から見れば、男性と同等の賃金。結婚後も働く共働き。
 まぁそういうものと理解しておく。
 で、「男女同一賃金」「女性も定年まで働く」は、法律的には達成されている。
 でも「理念は達成されていない」、と考える人は運動を継続中だろう。

 第3波フェミニズム。
 時代的には1980年以降らしいんだけど。
 なんか「自分探し」と結びついた感じで、まとまった主張があるのか分からない。

 現在は、第4波の動きが見られる、みたいな感じらしい。
 もちろん、それがどういう傾向のものなのか分からない。

 ↓『ウィキペディア』フェミニズム:ポスト・フェミニズム(バックラッシュ)
ポスト・フェミニズムとは第三波のフェミニズムに対する批判として生まれた複数の見解を指す。明確にはアンチ・フェミニズムではないが一波と二波の確立した女性の権利を肯定するとともに三波の立場を総じて批判する集団で構成された。

 ポスト・フェミニズムは、第2波まででフェミニズムは完了している、という立場。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ