fc2ブログ

新型コロナウイルス

 イタリアとドイツを比べて。
 ドイツの致死率が低いのは医療設備が整っているから、なんてのが聞こえてきて。
 人工呼吸器だ!と気がついたのだろう。
 アメリカもイギリスも「人工呼吸器、人工呼吸器」と騒ぎ出した。

 人工呼吸器の生産と、それが拡充されるまで重症者を抑えることは必要とはいえ。
 でも、ドイツ並みの致死率に抑えられるはず、という希望はあると思う。
 もちろん死者をゼロにすることはできないが。


 で、ちょっと困るのは。
 27日のBS-TBS『報道1930』でドイツの医者が「ドイツの致死率が低いのは、多くの検査を行なったからだ」と。
 ドイツ人も、なぜドイツの致死率が低いのか分かっていないんだ。
 「うわぁ」って思った。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス

 録画していたBS-TBSの『報道1930』を見た。
 「ドイツは検査をしたから致死率が低くなった」と言っていて。
 その「検査、検査」はイタリアだって同じじゃん?
 「ドイツのホームドクター制が良かった」という流れになったら、自民党の佐藤正久に「イタリアも同じ」とつっこまれていたし。
 イタリアとドイツを比較しないといけないのに、日本とドイツを比較している。


 「何もするな」って、すごく困難なことなんだろう。
 「危機的状況」と言われるほど、「何かをしなければ」と思ってしまう。
 トイレットペーパーの買いだめも、本人たちも意味がないと分かっているだろう。
 でも、何かをしないではいられない。


 『5ちゃんねる』を見ていたら、
 「【武漢肺炎】伊 早めに封鎖した都市が感染爆発(指数関数的増加)を回避 ロックダウン遅れた都市はオーバーシュート」
 というスレがあった。
 元ネタは28日の『サタデーステーション』らしい。私は見ていない。
 ローディー2月23日先手を打って封鎖 → 感染爆発回避
 ベルガモ3月8日状況に押され封鎖 → 感染爆発

 これ、デマじゃないよね?
 いや、各国が都市封鎖やってて「意味なかったです」では困るし。
 これが事実なら希望が持てる。


 ニューヨークの検査の様子をテレビで見た。
 屋外の検査場に長い行列を作っていた。

 みんなが車を持っているわけではないから、こうなるよな、というのと、
 屋外というのは、気をつけているんだろうな、と思う反面、
 行列が密着状態で。

 いくら密閉空間ではないとは言っても、あの密着状態はどうなんだよ?と思った。


 ↓『共同通信』中国武漢で死者数巡る疑念が再燃(2020/3/28)
 【北京共同】中国湖北省武漢市で28日までに、新型コロナに感染した死者の遺骨の受け取りや埋葬が始まった。検査が追いつかず政府発表より実際の死者数が多い可能性が以前から指摘されていたが、多数の人が行列を作ったことで、市民の間で死者数を巡る疑念が再燃している。
(略)


 中国が死者数をごまかしていた、とか。

 たとえば腎臓に持病を持っていて新型コロナで軽度の肺炎になったとする。
 死因が、腎臓が90%、肺炎が10%であったとき、これは新型コロナでの死者となるのか?という問題だと思う。
 不意打ちを食らった中国は、この判断基準がなく、なんとなくでカウントしたとしてもしょうがないと思う。
 それに中国のデータは事情が違うからあまり参考にならないし。

 でも、武漢のケース以外の死者数は正確であるべき。
 各国のデータを見て判断する、手探り状態なんだから。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

日記

 ネットが繋がらない。

 スマホは大丈夫なんだけど。
 ケーブルテレビが全くダメ。

 で、スマホでネットをやるつもりはなかったから、安い契約しかしていない。

 引きこもり計画が狂ってしまった。
 録画している「NCIS」を全話観るとか?

 本もゲームも積んでしまうんだけど。
 ドラマもハードディスク3台分、残っていて。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス/日本は運が良かっただけ

 ↓イタリアの被害が大きかった原因。
 『WIRED』イタリアが新型コロナウイルスの“激震地”になった「2つの理由」と、見えてきた教訓(2020.03.20)

 これに合わせて、以前に書いたデマ記事を修正しないといけないんだけど。


 どうなんだろ?
 初期に「検査、検査」と言っていた人たち。
 その人たちの言うように大規模検査をしていたら、日本でも何千人も死んでいたのに。

 日本政府も大規模検査ができる体制なら、もちろん検査していただろう。
 でも日本にはそんな能力がなかった。
 でも能力がなくて検査できなかったことが、余計な感染者を増やさなかった。
 ただ運が良かっただけ。
 本当は、今の世界の状況も他人事ではなかったはず。

 そのあたりのことを「検査、検査」の人たちは、ちょっとは考えてほしいなぁ、なんて。


 初期に大規模検査をしなかったから、日本は死者数が少ないのであって。
 それなのに「日本人は清潔好きな民族だから」なんて、「日本スゴイ」がテレビから聞こえてくる。
 それは本質じゃねーよ。
 ただ運が良かっただけなんだって。
 それなのに世界の状況は他人事で遊び歩いている。

 じゃあさ。
 次の感染症が発生したとき。
 「日本人は清潔好きな民族だから大丈夫」という経験則で行動するでしょ?
 バタバタ死んでいくと思うんだけど。
 「日本スゴイ」をやってたら、この民族。そのうち絶滅するぞ。

 来年のオリンピック。
 世界の状況を他人事のように遊び歩いている日本人を見て。
 日本でのオリンピックは妥当なんだろうか?
 そんなことを外国人は考えるんじゃないの?
 ちょっとは他人(世界)への思いやりがあってもいいんじゃないの?

 「何もしないこと」がこんなに困難なんて。


 運が良かったのは韓国も同じ。
 韓国は大規模検査をする能力があった(それは不運だったが)。
 でもおそらく、希望者全員を検査するのは、やはり無理だったのだろう。
 一回の検査ごとに防護服を着替えるのでは時間がかかる。
 だからドライブスルー検査を採用したのでは?
もちろんドライブスルー検査でも、一回ごとに防護服を変えないと接触感染の危険性はある。
でも、その危険性はどうでもよくて、とにかく検査数だった。

 検査の数を増やすために採用したドライブスルー検査だが、これが開放された場所での検査だったから、二次感染を防いだ。
 韓国の、検査数への飽くなき欲求がドライブスルー検査に結びついた。

 ところで。
 韓国は、まだボックス型の検査を続けているのだろうか?
 ぜんぜんエビデンスはないんだけど、「それ、ヤバイです」と教えてあげたい。

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス/コロナ専門家

 まだ「全員検査」と言っている人がいるんだ、と思って。
 「全員検査」には、相当な医療リソースを消費すると思う。

 「重症者数から潜在的な感染者を推定できる」と専門家会議は思っているだろう。
 それを否定するエビデンスを「全員検査」と言っている人たちは持っているのだろうか?
 実際に「全員検査」をしてみて、推定どおり、そんなに潜在的な感染者はいなかった、となったら。

 医療リソースを無駄にするかもしれない、という責任を負うのは誰なのか?
 そこが気になった。
 専門家会議の判断に「お前らはバカだ」と否定する人たちは、その主張のエビデンスを示すべきでは?


 私の考えは専門家会議とは違うけど。
 でも、「じゃあ、お前が責任を負うんだな?」と言われれば、「本当に勘弁してください」と言うしかない。
 だから「私の主張は、単なるデマです」と断りを入れている。

 根拠を示せないから「ぐぬぬ」と思っている私から見て、「コロナ専門家」は無責任に思える。
 マスコミで「自説」を主張することの責任を自覚しているのだろうか?

↓クリックお願いします。
人気ブログランキングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ