fc2ブログ

新型コロナウイルス

 感染拡大しているようですが。
 でも、新型コロナに対する私の理解が間違っているようには思えない。
 私の考えを修正する状況にはないと思う。
 ただ、必要な情報が出てきていない。

 1)感染者/重症者における外国人の割り合い。
 2)病院/高齢者施設における院内感染。

 『5ちゃんねる』で言われているのは。
 11月から、一部の外国からの入国で検査をしなくなった。
 これが感染拡大の原因ではないのか?
 それを判断するために1を知りたい。

 2は。
 寒くなったから、換気がしづらくなったのではないのか?
 そもそも病院という建物が(空気感染の)感染症に対応できるようには作られていない。
 これまでもインフルエンザで多数の死者を出していたのに、インフルエンザは既知のウイルスということでスルーされてきた。
 (「インフルエンザは呼吸感染かもしれない」という研究が出たのが2018年だったと思う)

 ただ、1も2も。
 批判してもしょうがないのに、批判を向けられる危険性がある。

 でも、毎年の風邪がこんなもんで。
 2018-2019のインフルエンザの大流行は、今の新型コロナよりもひどかった。
 今回は、新型ウイルスということで可視化されただけ。


 ↓『BLOGOS』新型コロナ、本当の死者数(2020年11月29日)青山まさゆき
現在の新型コロナ死者数には、本当の死因が新型コロナウイルス以外の方も含まれている。それは、6月18日に厚労省が各自治体に事務連絡で、
「死因別の死亡数を把握することになりますが、死因 選択や精査に一定の時間がかかります」 だから
「可能な範囲で速やかに死亡者数を把握する観点から、 感染症法に基づく報告による新型コロナウイルス感染症の陽性者であって、 亡くなった方を集計して公表する取扱いとしています」
と通知したから。

 例えばの話でいえば、心不全で数日中に死亡が見込まれている90歳の患者が病院クラスターなどでスクリーニングのPCR検査を受け、陽性反応となったものの特に新型コロナウイルス感染症の症状はなく(新型コロナでは無症候が一般的)、当初の見込みどおり心不全で亡くなったとしても、死亡時にPCR陰性に至ってなければ「新型コロナウィルス死亡者」として報告され、発表・報道されることになる(上記例はあくまでフィクション)。
(略)


 以前、テレビで。
 PCR検査は陽性なのに、CT検査では肺炎になっていない、
 なんて言っている医者がいて。
 それは、感染した場所が(PCR検査の検体を取る)鼻や喉なだけで。
 鼻風邪と持病の(自然な)悪化が同時だっただけ。
 そりゃ、持病がある人でも風邪をひく可能性はあるだろう。

 新型コロナによる重症や死亡と言えるのは、
 ウイルスによって肺炎になって、その血中酸素濃度の低下によって悪影響が出た場合。

 でも、「メンドイ」と言う厚労省の言い分も、まぁそうなんだろう。


 テレビ朝日の『TVタックル』で、ニューヨークの医師・柳澤ロバート貴裕が、
 「人工呼吸器を使わないようにしている」
 「炎症を抑える薬を使っている」
 みたいなことを言っていた。

 気管切開で細胞がダメージを受ける。
 そしたら、その修復のために炎症が起きる。
 その炎症によって血栓ができやすくなる。

 ただし、血中酸素濃度の低下によっても細胞がダメージを受けて、血栓ができやすくなる。
 (あと持病(弱っている臓器)の悪化も)

 どっちを選択するかは医師の判断だろう。
 アメリカでは人工呼吸器を使わないほうがいいのだろう。

 そこで思ったのは。
 アメリカ人はデブなんじゃないのか?
 気管切開のダメージによる炎症でも、デブだから血栓になりやすい。
 だからニューヨークでは血栓対策に全振りなんだろう。


 ↓『Sputnik』コロナウイルスに感染した人が回復後、歯や歯茎に問題を抱えることがある。ニューヨークタイムズ紙が報じている。(2020年11月27日)
ニューヨークタイムズ紙は、感染から回復した後、突然歯が抜けた数例をあげている。ニューヨーク在住のファラー・ヘミリさんもそうした1人。春にコロナに感染していたが、回復してからいきなり歯が抜けた。しかも抜けた時に痛みも出血もなかったという。
(略)


 髪の毛が抜けるのと同じ原因だと思う。

 肺炎になる。
 その細胞の修復にカルシウムが必要(仮説)。
 骨からカルシウムを供給。
 回復。
 今度は骨の修復が始まる。
 髪や歯へのカルシウムが不足する。

 おそらく、コーヒーやアルコールはカルシウムを排出する。
 回復期にはコーヒーやアルコールをひかえたほうがいいのでは?


 個人サイト『ニーチェクラブ』で。
 ・ストレスが免疫を下げる。
 ・ストレスを忘れるために酒を飲む。
 ・それによって風邪を引いていない。
 という書き込みがあって。

 単純に、酒を飲んでいるから風邪を引かない、ではダメなのか?
 (これはロシアの民間療法だが)
 私も、風邪のひきはじめには意識して酒を飲む。

 ただし。
 もし無症状の肺炎になっていたら。
 日常的にアルコールを飲んでいると、血栓になりやすくなると思う。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

コーヒー便意

 さて、恒例のウンコ話ですが。

 けっこう前なんだけど『5ちゃんねる』で、
 イグノーベル賞狙いで、なぜコーヒーを飲むと便意を催すのか、研究を始める、
 みたいなニューススレが立っていて。

 で、そのときに思いついたネタなんだけど、なんか確信がなくて。
 でも吐き出しておかないと、頭から離れなくて。
 そういうことで。


 血液中のカルシウムは一定の濃度に保たれている。
 増えすぎると排出されるし、足りなくなると破骨細胞が骨を溶かして供給する。

 コーヒーは破骨細胞を活動させるのではないのか?

 血液中のカルシウムは足りているのに、破骨細胞によってカルシウムが供給されたら。
 カルシウムが増えすぎて、排出されることになる。
 そのカルシウムの排出が便意になるのでは?

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス/マスクの効果

 ↓『読売新聞』コロナウイルス「武漢より前にイタリアで拡散」…イタリアの研究所発表、懐疑的見方も(2020/11/17)
イタリアの国立がん研究所は、新型コロナウイルスが昨年9月に国内で拡散していたとする研究結果を発表した。イタリアで初の国内感染が確認されたのは今年2月下旬だった。中国・武漢で感染が確認された昨年12月以前に、イタリアにウイルスが存在していた可能性を示すことになるが、専門家の間には、分析手法に懐疑的な見方もある。
(略)


 私も懐疑的だが。
 もしこれが事実だったら、「中国ウイルス」ではなく「イタリアウイルス」になるのか?

 ↓『読売新聞』「陰性」証明書持ってたのに、空港検査で「陽性」…インドネシアから関空到着の17人(2020/11/18)
 インドネシアから今月11日、同じ飛行機で関西空港に到着した10~20歳代の女性17人が、入国前の新型コロナウイルス抗原検査などで陽性になっていたことがわかった。
 厚生労働省は、搭乗前にクラスター(感染集団)が発生していた可能性が高いとみて、経緯を調べている。同省によると、空港で家族以外の集団の新型コロナ感染を確認したのは初めてという。
(略)


 前に、台湾からの帰国者でも、こういうことがあったが。

 PCR検査は遺伝子を増幅させているらしい。
 どのくらい増幅させるかで、結果に違いが出る、とか。

 だからインドネシア(や台湾)では、日本よりも少ない増幅なんだろう。
 各国で検査の精度が違う。

 インドネシア(や台湾)がザルなのか、日本(や欧米)が過剰なのか。基準はない。
 その国民が納得しているのなら、それでいいのだろう。

 ↓『TBS NEWS』政府 3連休に注意呼びかけ、厚労相「フェイスシールドで食事を」(20日)
(略)
 「あまりにも感染拡大してきますと、今度は行動制限をお願いしていかないとならない。こういうフェイスシールドですね、これあります。機能・デザインがいいものがどんどん出てきていただけると、若い方々もこういうものを使って食事をいただけるというふうになる」(田村憲久厚労相)
(略)


 夏にマスクをするのもいかがなものか、と思ったんだけど、
 これも相当な違和感がある。「マスク会食」も。
 とは言え、私は、会食も外食もしないから関係ない、と思い直した。

 マスクは、本来は上気道の乾燥を防ぐもの。
 だから今の季節ならマスクに違和感はない。

 私は、鼻や喉などの粘膜での感染は気にしない。
 (熱は出るだろうけど)
 (ただし、自分がウイルスを吐き出していることは自覚するべき)
 (ウイルスを吐き出している人が増えすぎると、手がつけられなくなる)
 (肺炎になる人が増えるだろう)
 ウイルスを吸い込んでも、鼻や喉の粘膜でブロックされたのならセーフ。
 でも、肺で感染して肺炎になると、深刻な事態になる可能性がある。

 で、マスクの効果。
 マスクをしていても、吐き出すウイルスの数は同じ。
 ただし、ウイルス(息)が遠くに飛ばなくなる。
 ウイルスを吐き出している人の息を吸うと、ウイルスに感染する。
 (普通に会話をする距離だと、相手の息を吸っていると思う)
 マスクをしていないより、していたほうが、ウイルスが飛ばず、自分の近くにとどまる。
 そのことによって他人がウイルスを吸い込みにくくなる効果はある。
 (つまり「密接」回避と同じ効果)
 (私が日本政府の「三密回避」を支持しているのは、それが空気感染(呼吸感染)への対策にもなっているから)
 (空気感染だから完全な予防は無理)
 ただし、吐き出しているウイルスの数は、マスクの有無に関係なく同じだから、
 密閉された空間だと、ウイルスが充満して、ウイルスを吸い込むことになる。
 換気が重要。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

日記

 『ジョン・ロック』加藤節(岩波新書)を読み終えた。
 というか、読み終えてから数日経っているんだけど。
 というか、『ジョン・ロック』をネタにブログ更新しようと思って、数日経った。
 なんかネタにするのが難しい。

 どうしても宗教がらみの話に進んでしまう。
 で、それに説得力を持たせるには、根本からの説明が必要になって。
 それを説明するのがクソメンドクサイ。

 まぁ、まだ文章にするだけの考えがまとまっていないということで、
 あきらめた。

 次はパスカルの解説本を読む。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

日記

 ブログの更新をサボってます。
 何も話題がない。


 アメリカ大統領選は、トランプの再選だと思うけど。
 結果が確定しないと、なんか落ち着かない。


 前に図書館から借りて途中まで読んでいた『ジョン・ロック』加藤節(岩波新書)をまた読んでいるが。
 ちょっとずつ読んでいるから頭に入らない。
 で、ブログのネタにしようとすると、キリスト教の教会批判になりそうで。
 (デカルトやロックは(キリスト教批判ではなく)教会の教え(解釈)に批判的なんだろう)
 でも他人の宗教にケチをつけるのもなんだし、と。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ