fc2ブログ

新型コロナウイルス/ワクチン

 今の状況。
 デマ屋の私としては、商売上がったり、なんですが。
 ほぼ、休業要請されているようなものだから、
 持続化給付金くらい出すべきじゃないのか?

 そんな前置きで、ワクチン。
 いや、別に、お前らに「ワクチンを打つな」と言うつもりはなく。
 自分の考えを吐き出したいだけ。


 注射したところが痛くなる。
 ワクチンによって、筋肉細胞の代わりにスパイクタンパク質が作られる。
 筋肉細胞は壊れて炎症が起きているはず。その痛み。
 だから、腕の痛みはワクチンの正常な効果。

 問題は、ワクチンが血流に乗った場合。
 ワクチンによってスパイクタンパク質が作られるが、どこの細胞が損傷するか分からない。
 血管細胞が壊れるケースが多い印象。
 それが脳の血管だったりしたら、致命傷になることもあるだろう。

 ワクチンメーカーに、血管注射(静脈注射)をしたときのデータってないんだろうか?
 動物実験かなんかで、血管注射ではダメだったから筋肉注射になったんじゃないの?

 動物実験で、ワクチンを血管に注射したとき、スパイクタンパク質はどの細胞で作られるか。
 そこからやり直すべきだと思う。

 もしワクチンによる死者がいるとしたら、
 それはスパイクタンパク質が腕の筋肉で作られるのが失敗して、
 血流に乗ってどこかの細胞、主に、血管細胞でスパイクタンパク質が作られるケースだろう。

 でも、筋肉注射が失敗したから、即死亡というわけでもなく、
 致命的な細胞が損傷した人が亡くなるのだろう。
 「まれによくある」という印象。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス/緊急事態宣言

 飛沫感染ではない。

 たしかに唾液や鼻水の中から、ウイルスが検出されるが。
 しかし、私たちの普段の生活のなかで、
 他人の唾液や鼻水や痰(喉)を飲むような、そんな濃厚な接触はしていない。

 感染は、呼吸(空気)によるもの。
 呼気の中にウイルスが含まれている。
 その、誰かの呼気を吸い込む機会は、密閉・密集・密接な空間であれば高くなる。 

 ウイルスが含まれた空気を吸い込む。
 そのウイルスは上気道の粘膜でブロックされる。
 そして粘膜細胞でウイルスが作られる。
 しかし、その上気道でのウイルスは、誰かに感染するものではない。
 専門家会議でも「すべての感染者が他人に感染させているのではなく、一部のスーパースプレッダーが感染させている」と言っていたはず。
 上気道で感染した人は他人に感染させる機会は少ない。

 しかし、上気道の粘膜ですべてのウイルスをブロックすることはできない。
 上気道をすり抜けたウイルスは肺に入り、肺細胞で感染する。
 この肺細胞で感染することで、呼気とともにウイルスを吐き出すことになる。スーパースプレッダー。

 そうすると。
 吐き出された10個のウイルスは、
 上気道で7個くらいブロックされて、
 肺に入るのは3個くらい。
 この肺の3個のウイルスが6個に増えたとしても、
 次の人には上気道で4個くらいブロックされて、
 肺に入るのは2個くらい。
 こんな感じで、ウイルスの感染力は減退していく。
 ウイルスは勝手に増えて、勝手に減っていく。

 現にインフルエンザは、
 緊急事態宣言がなくても、勝手に収束する。
 (で、面倒くさい話だが)
 (インフルエンザからして、飛沫感染ではなく呼吸感染)
 (この「根本から考え直す」ということが、お前らにはできない)
 (誰でもインフルエンザに罹ったことはあると思うが、どこで飛沫を浴びたか、思い返してほしい)
 (私は他人の飛沫を浴びたことはない。それでもインフルエンザに罹っていた)

 上気道でウイルスはブロックされるものの、
 微少なウイルスは肺に入る。
 しかし、微少であるから、それで肺で炎症が起きても、
 身体に影響があるほどの血中酸素濃度の低下にはならない。日常生活に支障はない。
 (そして、この程度の感染では抗体もできない)

 問題は、上気道の感染でも熱が出ること。
 そうすると、お前らは解熱剤を使う。
 すると、肺の微少なウイルスを活性化させる。
 深刻なスーパースプレッダーになる。

 呼吸感染だから、感染者は勝手に増えて、勝手に減っていくが(なぜなら上気道でブロックされるから)、
 解熱剤の使用によって、感染者数が減りにくくなったり、逆に増えたりする。

 通常のインフルエンザであれば問題にならないこの季節に、
 新型コロナの感染者数が増えているのであれば、
 何らかの理由で解熱剤を使いまくっているものと思われる。


 緊急事態宣言で人びとの活動を制限しなくても、感染者は勝手に減っていく。
 飲酒によって呼吸が速くなる分、たしかに感染のリスクは増えるが。
 それは微々たるものではないのか。
 (インフルエンザでは飲酒を制限しなくても、勝手に収束した)

 問題は、感染したあと。
 そこで解熱剤を使うから、いつまで経ってもコロナ騒動は終わらない。
 新型コロナを特別なものと思って、ちょっとしたことで、解熱剤を使う。
 解熱剤を使うのが当たり前になっているから、感染自体を防がないといけない、という無理ゲー。

 本当に、緊急事態宣言には意味がない。
 そう思っている人も多いはず。
 でも、そう思っている人も、いざ、新型コロナに感染したら解熱剤を使うだろう。
 そこらへんが面倒くさい。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス

 前回の話。
 もったいつけて解熱剤かよ?
 って感じですが。

 でも。
 スペイン風邪って、ただのインフルエンザですよ。
 それで推定4000万人から1億人が亡くなったらしい。

 お前らの好きなストーリーだと、
 「弱毒化したから「ただのインフルエンザ」になった」
 とかだろう。

 でも、スペイン風邪も現在のコロナ騒動と同様に、
 必要以上にウイルスを気にしすぎて、風邪薬/解熱剤を使いまくった結果だとしたら。
 このコロナ騒動も、スペイン風邪を再現するかもしれない、という杞憂。

 私は「ただの風邪」だと思っているが、
 しかし、スペイン風邪もコロナ騒動も人災であるとすれば、
 その死者数はどれほどのものになるのかは想像できない。
 お前ら次第だから。
 でも、この1年半。状況は一向に改善せず、破滅に向かって進んでいるように思える。
 (ワクチンはプラスになっているのか、マイナスになっているのか)
 (判断が難しい)


 このコロナ騒動で、唯一正しい指導者はブラジルのボルソナロ大統領だが。
 「新型コロナは気にするな」と。
 しかし、その発言/行動は、かえって国民を医療依存に向かわせて逆効果なのだろう。
 いくら言ったところで、他人の考え/行動は変えられない。


 お前らは新型コロナに感染したら、絶対、解熱剤を飲む。
 この行動は変えられない。
 だとしたら、「感染しないようにする」しかないのだろう。
 どう考えても「感染防止」よりも「解熱剤禁止」のほうが簡単なのだが。
 でも「解熱剤禁止」の意味が、お前らには理解できない。
 (志村けんは解熱剤を飲んでいたのだろうか?)
 (「テレ朝クラスター」では、全員、解熱剤を飲んだでしょ?)


 テレビで「コロナ後遺症にワクチンが効果がある」と言っていた。
 そんなわけないじゃん。
 そうじゃなくて、コロナ後遺症と言われているもののなかには、コロナが原因で無いものもあって。
 ワクチンがプラセボ効果(偽薬効果)になって、後遺症が改善するだけで。
 (こういう解説をしてしまうと、プラセボ効果もなくなってしまうだろうけど)
 じゃあ、コロナが原因ではない「コロナ後遺症」は仮病なのか?と言うと。
 コロナに罹っていたときの記憶が原因ではないのか?
 で、記憶を取り除くなんてできない以上、しょうがないと思う。

 ↓『WIRED』感染者の嗅覚異常はどれだけ続く? mRNAワクチンによる免疫は何年もつ?:新型コロナウイルスと世界のいま(6月)(2021.07.06)
(略)
学術誌『Nature』で発表された論文では、COVID-19で死亡した人の脳はアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患で死亡した人の脳と驚くほど似ており、炎症の分子マーカーが顕著に現れていたことが報告された。COVID-19による入院患者の約3分の1はブレインフォグ(頭にかすみがかかったようにぼんやりする症状)や記憶障害、集中力低下、抑うつなどの神経症状を訴えており、これらの症状は長期的なCOVID-19の後遺症でも見られ、長引く症状の一部として持続する可能性がある。
この研究では死亡したCOVID-19患者の脳には大きな炎症が見られたが、その脳組織にはCOVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2は見つからなかったという。それゆえ、ウイルス感染が全身の炎症反応の引き金となり、それが脳内の神経炎症を誘発すると考えられている。
(略)


 本当にビビるんだけど。

 ウイルスが肺に入る。
 肺細胞の新陳代謝にウイルスが取り込まれる。
 ウイルスのRNAにもとづいて、新しい肺細胞の代わりにウイルスが作られる。
 新しい肺細胞が作られなかったから、肺細胞は壊れる。
 修復作用の炎症が起きる。
 肺の機能が低下する。
 血中酸素濃度が低下する。
 酸素は細胞の新陳代謝に必要。
 血中酸素濃度が低下すると、全身の、どこかの細胞の新陳代謝を阻害する。
 (それは脳細胞でも起きる)
 炎症が起きる。

 これがまだ、現代医学には分かっていないらしい。
 「そりゃ、WHOも間違い続けるわ」と。
 完璧な対応を望むのが間違い。
 現代人の能力に合わせた対応をするしかない。


 デルタ株。
 すべての感染者が感染させているのではなく。
 一部の感染者が感染を広げている。
 その一部の感染者とは、私は肺炎を起こしている者だと思うのだが。
 飛沫ではなく、呼気に含まれるウイルスで感染する。
 (喉や鼻の粘膜でウイルスをブロックするが)
 (すべてのウイルスを防げるわけではなく、肺に入るウイルスもある)
 (それが少量であれば肺の損傷も軽微で、人体にほとんど影響しない)
 (しかし、鼻や喉での感染でも熱が出る)
 (そのとき解熱剤を使うと、肺に入っている少量のウイルスを活性化させ)
 (急激に症状を悪化させ、スーパースプレッダーになる)
 感染力の強さは、どれだけ肺炎患者がいるか次第じゃないのか?
 でも、お前らはウイルスのほうに原因を求めてしまう。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

新型コロナウイルス/解熱剤

 気が重い。
 本当に疲れているのに、
 誰にも望まれていない、
 絶対、批判を受けるだろうことを書くとなると。


 ウイルスは、RNAがあるタンパク質。
 ウイルスは、ウイルス自体で増えることは無い。

 人体の細胞の新陳代謝は、
 DNAがコピーされたものがRNAで、このRNAの情報によって、新しい細胞が作られる。

 で、私の仮説だが、
 ウイルスのRNAが人体の新陳代謝に取り込まれることで、
 新しい細胞が作られる代わりに、ウイルスが作り出される。
 新しい細胞が作られなかったのだから、その細胞は壊れ、炎症が起きる。

 だから、ウイルスが作り出されるスピード=肺細胞が壊れるスピードは、
 肺細胞の新陳代謝のスピードであるはず。

 しかし、そうであるならば、中国武漢や欧米での初期の死者急増は、速すぎる。
 上気道での感染=鼻風邪で死ぬことは無い。
 死者がでるということは、肺炎になっているはず。

 「新型コロナは急変する」と言われている。
 その、急に悪化する要因があるのではないのか?
 人体の新陳代謝に取り込まれてウイルスが作り出されるのであるならば、その新陳代謝のスピードは、そこまで速いとは思えない。 


 解熱剤(風邪薬)。
 熱は免疫作用で、その免疫作用を下げるのだから、風邪を長引かせる、と思っていたが。
 解熱剤の悪影響はもっと深刻なのではないか?

 ↓『ウィキペディア』赤江珠緒
2020年4月13日、テレビ朝日『報道ステーション』制作スタッフ(総合演出)の夫が体調不良のため大事を取ってTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』は自宅からの電話出演となった。番組終盤で娘と共に登場。しばらくは自宅からの出演になるということも明かした。4月14日も番組の一部に娘と出演した。
4月16日、TBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』にFAXで直筆メッセージ(15日の深夜に書いたもの)を寄せ、A4サイズ5枚に渡るコメントが読まれた。新型コロナウイルス感染の疑いがあった夫が、PCR検査の結果「陽性」だったことを報告。いざという時の事前にできる準備を紹介した。「しばらく基本的には番組をお休みして家族の事を優先させて頂きます」と明かした。
4月18日、自身もPCR検査の結果「陽性」となり新型コロナウイルスに感染したことを公表した。自宅療養をしていたが、4月26日、検査の結果肺炎と診断され、入院。


 自宅療養中に解熱剤を飲んでいた、と聞いた。
 解熱剤によって、短期間で肺炎になるのではないのか?
 上気道の粘膜でウイルスをブロックするとはいえ、少量のウイルスは肺に入っていて。
 その少量だけなら、肺炎と言っても、わずかな血中酸素濃度の低下で影響ないが、
 解熱剤によって、少量のウイルスが増幅されて、深刻な肺炎になる。
 それだけではなく、2週間程度で肺炎になる。


 見逃されている要因として解熱剤があるのではないのか?

 中国武漢や、初期の欧米での「検査、検査」のように、病院に密集して感染が広がった。
 感染はしたが、それが上気道での感染であれば、死者急増にはならない。
 また、この感染で多くのウイルスを吸い込み、肺炎になるとしても、それは数ヵ月後。

 中国武漢や欧米での異常な死者数の「逆ファクターX」として、私は「病院に密集して感染が広がった」と考えていたが。
 病院は、集まった患者に対して何もしていないのではなく、解熱剤を飲ませたのではないのか?
 これが、このパンデミックの本質だと思う。

 解熱剤によって急速に肺炎になり、
 肺炎になるということは、肺細胞でウイルスが作られたということで、
 肺から吐き出される呼気にウイルスが含まれていて、その呼吸感染(空気感染)で感染が広がる。スーパースプレッダー。

 解熱剤がなければ、「パンデミック」と言われるような状況にはなっていないはず。


 イギリスでは、自宅療養者に解熱剤が配給されていた、と何かで聞いた。
 ただの鼻風邪(上気道での感染)なのに、熱が出たから解熱剤を使う。
 その解熱剤が、肺に微少に入り込んでいたウイルスを活性化させる。
 短期間で肺炎になる。
 それはスーパースプレッダーになるということ。
 そして家族に感染させる。

 「ロックダウンは無意味だった」という指摘もあるが。
 でもロックダウンは意味があったと思う。
 でも、ロックダウン中に解熱剤を使ったことで、かえって家庭内感染が広がった。


 「武漢肺炎」と言うから、新型コロナウイルスはインフルエンザよりも肺炎になりやすいのか?と思っていたが。
 解熱剤で肺炎になっていただけだと思う。
 ウイルスの問題ではない。
 (1918年のスペイン風邪。スペイン風邪はただのインフルエンザ)
 (そのただのインフルエンザで4000万人も死者が出た)
 (おそらくその当時は、解熱剤は風邪を治す風邪薬と信じられていたのではないのか?)
 (その「風邪薬」を使いまくったから、ただのインフルエンザで多数の死者がでたのではないのか?)
 (ウイルスの問題ではなく、解熱剤の問題)
 (「ただのインフルエンザ」と思うようになれば、解熱剤の使用も減って被害が少なくなる)


 大阪での第4波。
 病院のベッドに空きがないということで、
 自宅療養者に保健所が「解熱剤でも飲んでおけ」と指示していた。
 それで、自宅療養中に急変する。
 イギリスと同じようなことをしているのだから、イギリスと同じようになるだろう。
 解熱剤を使うことで、ただの風邪が肺炎になり、感染をさらに広げ、死者を増やしている。
 病院で(風邪を治すわけでもないのに)解熱剤を使うから、スーパースプレッダーになって、院内感染で患者が増えて医療逼迫になる。


 去年、ニューヨークで感染爆発していたとき。
 路上生活者に感染者が少ない、という調査があった。
 そのときは「路上生活者はただの風邪だと思っているから」と思ったのだが。
 そうではなく、路上生活者は医療から遠く、解熱剤を飲まないから。

 逆に。
 日本では、生活保護者の医療費はタダ。医療に近い。
 大阪や沖縄など、生活保護者の比率が高い地域では、簡単に解熱剤を入手できるから感染が広がりやすいのでは?


 中世では、砒素を漢方薬として使っていた。
 それと同じことを現代でも行なっている。
 解熱剤も自殺行為。
 砒素よりも解熱剤が悪質なのは、自分だけではなく他人にも害を与えること。


 マスクとか時短営業とか、ミリの効果しかないものをやっても、
 当たり前のように解熱剤を使われたら、被害は広がる一方。

 「三密回避」や換気よりも重要なのは解熱剤の使用禁止。
 治療において解熱剤は、なんの治療にもならないんだし。


 第3波の頃だったと思うが。
 WHOが「新型コロナには解熱剤を使っても問題ない」と。
 それをテレビが紹介していた。
 これによって「解熱剤を使ってもいいんだ」と思う人が増えたのではないのか?
 「インフォデミック」で人が死ぬ。いつものパターン。


 病院や高齢者施設で感染が広がるのも、施設の感染対策が悪いのではなく、
 解熱剤を入手しやすい環境だからだろう。
 病院でスーパースプレッダーを作っている。

 ボリス・ジョンソンは解熱剤を使っていたのか?
 クラスターが発生した病院や高齢者施設では解熱剤を使っていたのか?
 エビデンスは集められそうだが?


 これまで、毎年インフルエンザで1万人亡くなっていたのも、解熱剤が原因ではないのか?
 病院で解熱剤を使うから、肺炎になってスーパースプレッダーになって、院内感染で死者が増える。

 解熱剤がなくなれば、経済フルスロットルでも問題ないはず。
 「新しい生活様式」なんてものは必要ない。


 鼻や喉の粘膜でウイルスをブロックしているが。
 そのすべてのウイルスをブロックできるわけではなく、肺細胞に入るウイルスもあるだろう。
 そのウイルスも肺細胞を壊して炎症が起きるが、その程度が微少だから、人体に影響が出るほどの血中酸素濃度の低下にはならない。

 しかし、解熱剤を使うと、微少のウイルスを活性化させ、
 急速に、CT検査をしたら肺が真っ白になるほど、ウイルスを増殖させる。

 コロナ騒動が始まってから、今まで、ずっと解熱剤を使い続けて、ウイルスを増やし続けている。
 火に油を注ぎ続けているだけで、まったく収束に向かっていない。
 でも、このコロナ騒動を収束させるのは、驚くほど簡単。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ