fc2ブログ

新型コロナウイルス

 ↓『朝日新聞DIGITAL』「理由分からず減った」政府も想定外 「第6波避けられない」の声も(2021年9月29日)
 菅義偉首相が、緊急事態宣言と「まん延防止等重点措置」の全面解除に踏み切った。退任を前に新型コロナウイルス対応に区切りをつけ、次の政権に引き継ぎたい考えだ。冬の「第6波」の到来も予見される中、政府と自治体は、感染対策と日常生活の回復の両立をめざすが、課題も多そうだ。
(略)
 感染状況の急速な改善は、政府にとっても想定外だった。官邸幹部は「半月前は、感染が再拡大する地域もあると思っていた」と話す。「理由がよく分からず感染者が減っている」(田村憲久厚生労働相)との声もあるが、首相は周囲に「やはりワクチンだ」と、感染の抑制効果への自信を語る。
(略)


 「理由がよく分からず感染者が減っている」
 インフルエンザも、緊急事態宣言などがなくても勝手に収束する。
 新型コロナが収束しているのは、インフルエンザと同じ理由による。

 インフルエンザはワクチンがなくても勝手に収束する。
 だから、新型コロナの収束もワクチンによるものではない。
 「やはりワクチンだ」と言う菅義偉は、科学的思考ができていない。

 問題は、専門家が理由を答えられないということ。
 それは、なぜインフルエンザが勝手に収束するのかさえも知らないということ。
 インフルエンザを知らないのに、何をもって専門家を名乗っているのだろう?
 もし、専門家がインフルエンザを知っていたのであれば、新型コロナも、そのインフルエンザへの対策を行なえばよかっただけ。
 専門家はインフルエンザが空気感染だということさえ知らなかった。

 この新型コロナ騒動は、
 専門家が、インフルエンザなどウイルスや感染症について、何も知らないのに専門家を名乗っていて、
 何も知らないから「新型コロナは怖い」「新型コロナは別格」と、
 ただ不安を煽るしか「できることがなかった」ことが、そもそもの問題。
 (ある専門家がテレビで)
 (ウイルスが直接的に血栓の原因になっている、みたいなことを言っていて。最近の話)
 (ウイルスによって肺炎になるから、血液の酸素飽和度が低下して(略)、間接的に血栓になる)
 (ということを、いまだに医学は知らない)
 (エコノミークラス症候群も、血流が悪くなることで、酸素不足になり、血栓になるのだろう)


 風邪の感染が勝手に収束することについて、前に、
 「感染を広げているのは、肺細胞で感染した人の呼気によるもので、多くの人は上気道(喉や鼻)での感染だから」
 「PCR検査は上気道での感染を調べるものだから、現象として、感染者数は勝手に増えて勝手に減ることになる」
 としたが。

 もう一つ思いついたのは、
 「寒くなったら風邪をひくのではないのか?」

 風邪ウイルスに感染したら、すぐに風邪の症状が出るのではなく、
 感染したうえで、そのウイルスが吐き出される「トリガー」として、
 気温の変化(または体温の変化)があるのではないか?

 だから表面上、今は感染者が減っているが、
 寒くなったら、そこかしこで風邪の症状が出てくる可能性。

 ワクチン接種で熱が出る。
 解熱剤を使う。
 肺細胞に潜伏していたウイルスが吐き出される。
 (ワクチン接種者は、これで抗体を獲得。コロナパーティー)
 第5波発生。
 で、今、感染が収まったように見えて、肺細胞にウイルスが仕込まれている。
 寒くなる。
 第6波発生。

 そうするとさ。
 「ワクチンを接種していないからだ」とか、また言い出すんでしょ?

 冬の風邪がヤバイのは、寒さで血管が収縮しているから。
 血栓とかで、死にやすくなっている。
 そうすると、夏のうちに感染して抗体を獲得しておいたほうがいい。
 という判断もあるから、私はワクチン接種(コロナパーティー)を否定はしない。
 ただし、ワクチンの治験は新型コロナが蔓延していた地域で行なわれたものであり、
 日本の場合、もっと効果は低くなるだろう。
 (そういえば、ワクチンの有効性95%は、感染自体を防ぐ、って話だったよね?)


 3つに分類される。
 1)ワクチン好き
 2)反ワクチン
 3)医学嫌い

 2の人も、風邪をひいたら普通に解熱剤を使ったり、イベルメクチンに飛びついたり、
 3の私から見れば、1も2も同じメンタリティ。
 ニューヨークで感染爆発したとき、浮浪者に被害が少なかった、という調査があったが、
 私は、そっちなんで。
 医学自体から遠ざかる。


 ↓『BLOGOS』麻生財務相 行動制限の効果に苦言も「無責任すぎる」と批判殺到(2021年09月22日)女性自身
「外で飯を食うな、人に会うな等々、制限をいつまでされるおつもりなのか。その根拠は何なのか」
こう発言をしたのは、麻生太郎財務相(81)。
これは麻生氏が出席した21日の記者会見での発言だ。
各メディアによると、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会など専門家の主導でこれまで導入してきた行動制限について、麻生氏は冒頭の発言に続いてこう苦言を呈した。
「本当にそれが必要で効果があったのか。私にはなんとなく、ちょっと違うんじゃないかという感じはする」
また、最近の「人出が増えているのに新規感染者がピークからは大幅に減っている」状況についても「(人流制限などの)あの話はまったく嘘だったって話になるんですかね。よく分からないね俺は」と発言したという。
前安倍晋三内閣から現菅義偉内閣にわたって、緊急事態宣言などを通じて行われてきた行動制限。両内閣で副総理を務めている麻生財務相の“他人事”とも思える発言には批判が続出した。
(略)


 結局、政府は専門家の言うとおりにやるしかなかった。
 政府が専門家を無視すれば、ブラジルのボルソナロ大統領のようになる。
 「政府は頼りにならない」から「コロナ怖い」に拍車がかかる。


 ぐらいかな?
 もう新型コロナで言いたいことはないはず。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

菅義偉、総裁選不出馬

 スマホゲームの『エピックファンタジー』を始めて。
 これがサクサク進んで、止めどきが分からないくらい。
 で、ステージ12まで進んで。
 ただレベルを上げるだけでは勝てなくなってきた。
 「SSR選択券」を使って、キャラを重ねないとダメなんだろうけど。
 攻略サイトがなくて、どのキャラが有能なのか分からなくて悩む。


 で、記事にしようと思っていたが、延び延びにしていた「菅政権終了のお知らせ」。
 これが、良いことなのか、悪いことなのか、判断できなくて。

 なんか、無理やり菅義偉を評価しようとしている人もいるようだが。
 本人がやりたかったのは、中国(及びロシア、北朝鮮)問題だと思う。
 もしそうだとすると「何もやっていない」が正当な評価だと思う。
 コトが起きる前に、コロナで退陣。
 「ようやくのぼりはじめたばかりなのに」といったところだろう。


 菅政権のコロナ対策。
 ワクチン接種さえなければ、及第点だったと思う。
 ワクチン接種は、グダグダと3ヶ月くらい先延ばしにしていたら。
 勝手にコロナは収束して、オリンピックもフルでできたのに。
 長期政権を望むなら、その「ジャパン・ミラクル」路線のほうが良かったんじゃないの?

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ