fc2ブログ

新型コロナウイルス/北朝鮮

 ↓『中央日報』北朝鮮、新型コロナ発生12日ぶりに「死亡者0人達成」を主張(2022.05.24)
北朝鮮は24日、新型コロナウイルス発生から12日ぶりに死亡者0人を達成したと主張した。
朝鮮中央通信はこの日、「国家非常防疫司令部の通報によると、5月22日18時から23日18時まで全国的に13万4510人余り(前日比3万3130人余り減少)の発熱患者が新たに発生し、21万3680人余り(前日比5万3950人余り減少)が全快したし、死者はいない」と報道した。
北朝鮮が主張する累積死亡者は68人で致死率は0.002%だ。
北朝鮮は12日に6人が死亡したと発表したのに続き毎日死亡者が発生したと明らかにした。死亡者が出なかったのは今回が初めてだ。
北朝鮮はまた、現在治療中の患者が40万人台まで減ったと主張した。
朝鮮中央通信は「4月末から5月23日18時現在、全国的な発熱患者は累計294万8900人余りであり、86.425%に当たる254万8590人余りが全快したし、13.573%に当たる40万230人余りが治療を受けている」とこの日明らかにした。
これに対し同通信は「最大非常防疫システムの稼働後、わずか数日目に全国的な発病率と死亡率が著しく減少し、全快者が増えるなど、伝染病拡散状況が効果的に抑止、管理され、はっきりした安定の形勢が持続している」と自評した。
また、「全国的範囲で発熱患者と全快者を対象に潜伏期、臨床症状、再発率、薬物反応状態、重症化率、病気の経過期日など疫学的・臨床学的特性をより具体的に究明するための再調査が深化している」と伝えた。
その上で「発熱患者の年齢、職業、体質、慢性疾病関係などによる段階別治療方案を絶えず補完しており、各種の検査試薬と治療薬物の開発と生産を急いでいる」と紹介した。
これに伴い、全国の高麗薬(漢方薬)工場で五味子シロップ剤や葛の根を使った錠剤などを大量生産しており、平壌(ピョンヤン)製薬工場、順川(スンチョン)製薬工場、新義州(シンウィジュ)製薬工場、南浦(ナムポ)子ども薬工場なども常備薬生産を拡大したと伝えた。
新型コロナウイルス治療剤であるパクスロビドがないだけに対症療法に必要な解熱剤、せき止め薬などの生産を増やしたという意味と解釈される。
北朝鮮は新型コロナウイルス統制に自信を見せ、韓国統一部の防疫協力に向けた実務接触提案に1週間以上応じずにいる。


 PCR検査もワクチンもない北朝鮮。
 これこそが私が求めていたコロナ対策。
 さすが「地上の楽園」と言われるだけのことはある。
 できれば解熱剤も禁止にして欲しかったが、それはさすがに無理か。

 ブラジルのボルソナロも北朝鮮みたいにやりたかったが、
 ブラジルは民主主義すぎて無理だったのだろう。

 ただし、北朝鮮では高齢者の死者が少ないらしい。
 喉や鼻での感染は、その死に関係ない。
 風邪をひいていても、それが死因に影響していない場合、
 死者数から除外されているのではないか?
 (先進国と北朝鮮では、統計の取り方が違う)

 普通はそうする。
 中国武漢でも始めはそうしていた。
 でも、何も分かっていない民衆が、
 (死因はコロナではないのに、風邪症状があって亡くなると)
 「もっとコロナ死は多いんじゃないのか?」と騒ぎ始めて。
 で、コロナが影響して亡くなったのか?を判定するのは手間がかかるし、
 そもそも厳密に判定するのは無理だし。
 コロナが死に影響したのかの判定をせずに、
 コロナが検出されれば「コロナ死」とするようになった。

 で、テレビでは毎日のように「コロナ死」が発表されて。
 その発表だけを聞いて、お前らは「新型コロナは死の伝染病」と恐れて。
 でも、普通に生活していれば、新型コロナで死ぬのは、まれ。
 ほとんどが上気道での感染で、死ぬ危険性はないから。
 (新型のウイルスではあっても、ただの風邪なんだから)
 (でも肺炎になったら、けっこう危険)
 (その危険性は、ただの風邪でも同じ)
 (これまではウイルス性の肺炎が見逃されていた)
 テレビで伝えられる恐怖と、日常での実感に乖離がある。

 コロナ対策で有効だったのは、
 換気などの、三密を避ける。
 (マスクは息が遠くに届かなくなるから、密接を防ぐ効果がある)
 (でも夏にマスクをするのは熱中症の危険がある)
 (新型コロナよりも熱中症のほうが危険)
 あと、マスクは乾燥を防ぐのも効果がある。
 (ウイルスが肺にまで入って行きにくくなる)
 (この点からも、乾燥する冬とは違って、夏にマスクをする必要はない)

 あとは北朝鮮のように、
 プラセボ効果で「塩水でうがい」とかやっていればいい。
 まぁ医学を妄信している先進国では、そういうプラセボが効かないだろうけど。
 でも先進国のように「コロナ怖い怖い」をやっているよりも、
 北朝鮮のほうが、医療でも経済でも効果的。

 北朝鮮がどのくらい情報を隠しているか分からないが、
 いまのところ、世界で唯一、新型コロナ対策で成功した国。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ウクライナ侵攻

 ↓『2ちゃんねる』マリウポリ「完全解放」のロシア軍、東部ドンバス地方に転戦…制圧に向け攻撃強化 ★4
213ニューノーマルの名無しさん2022/05/22(日) 14:01:40.86ID:J6s7y7ar0
>>140
ドンバスのウクライナ守備隊がこの一月武器も人員も補給も無いので
戦闘は拒否するって表明してたが
ガキの遊びと国家の正規軍の戦いやで


 まぁそうなんだけど。
 じゃあ日本の自衛隊がどっちなのか?というと。
 自衛隊、無理じゃない?
 装備(防衛費)の問題じゃなくて、
 どうやれば、敵を包囲できるのか、みたいな、
 戦争をする脳みそを持っていないんじゃない?


 ↓『スプートニク』トルコのせいで人権の基準を見直す必要はない=フィンランド国会議長(2022年5月22日)
フィンランドはトルコのせいで自国内の人権に関する基準を変更することには同意できないほか、「無実の人々」も強制送還しない。マッティ・ヴァンハネン国会議長が表明した。
(略)


 あれ?
 すぐにフィンランドが折れてNATOに加盟すると思っていた。

 ↓『スプートニク』欧州、露産ガスに代わるものがないことを認める=仏メディア(2022年5月22日)
現在、欧州諸国へのロシア産天然ガスの供給に長期的に取って代わることができる供給業者はない。フランスのMonde diplomatiqueが報じた。
(略)


 ガスの代替先も見つからないの?

 なんだかんだでNATOは参戦すると思っていたんだけど。
 でもNATOが参戦しなければ「ロシアをウクライナから押し出す」なんて無理じゃない?

 8月ぐらいにNATOが参戦するとして、
 それまでウクライナは持ちこたえられるのか?

 ↓『AFP』ウクライナ紛争、「外交」でのみ解決 ゼレンスキー氏(2022年5月21日)
【5月21日 AFP】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は21日、ウクライナ紛争は「外交」を通じてしか解決できないと述べた。ロシアとの和平交渉は停滞している。
 ゼレンスキー氏はウクライナのテレビ番組で、この戦いは「多くの血が流れ、戦闘も起こっているが、最終的には外交を通じてしか終わらないだろう」と述べた。


 ↓『AFP』停戦交渉再開の用意 ロシア代表団(2022年5月23日)
【5月23日 AFP】ウクライナとの停戦交渉でロシア側の代表団を率いるウラジーミル・メジンスキー(Vladimir Medinsky)大統領補佐官は22日、ロシアには交渉を再開する用意があるとしながら、協議を継続できるかはウクライナ次第だと述べた。
 メジンスキー氏はベラルーシのテレビ番組で、「われわれには対話を続ける用意がある」と主張。「交渉はウクライナ側の意向により中断された」のであり、「ボールはウクライナ側にある」と強調した。さらに、「ロシアが交渉を拒否したことはない」と付け加えた。


 停戦交渉は、ウクライナ側の時間稼ぎ。
 あとで交渉決裂するはず。また。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ウクライナ侵攻

 ↓『スプートニク』トルコ、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟を支持するための5つの条件を挙げる(2022年5月19日)
トルコのチュルキイェ紙は19日、スウェーデンとフィンランドの北大西洋条約機構(NATO)への加盟について、両国が5つの基本的な条件を満たす場合、トルコ当局は両国のNATO加盟に関する立場を再検討する可能性があると報じた。スウェーデンとフィンランド両国の外交団は来週トルコを訪問する予定で、それに向けてトルコ当局は同国の立場とその要求を記した「スカンジナビア書類」を用意したという。
トルコ当局は、同国が「テロ組織」とみなすクルド労働者党(PKK)とFETO組織のメンバーの引き渡し、トルコがPKKと関係を持つと考えている所謂シリアのクルド人民兵組織「人民防衛隊(YPG)」をテロ組織として指定すること、トルコが同国で2016年に起きたクーデター未遂事件に関与したとして非難している「フェトフッラー派テロ組織(FETO)」の代表者への支援をやめること、トルコでテロ組織と結びつけられている機構と関連するすべての組織の閉鎖、しかるべき保証の提供などを主張している。
外交筋によると、トルコは「スカンジナビア書類」に反映されているいずれの項目についても譲歩しないという。
トルコのエルドアン大統領は18日、スウェーデンとフィンランドのNATO加盟について、両国がPKKなどのテロ組織に対する自国の姿勢を変えるまでは加盟を支持しないと表明した。


 まぁなんだかんだでスウェーデンとフィンランドはNATOに加盟すると思う。

 私の当たらない予想では、NATOは年内に参戦する。
 それによってロシアは敗北するのか?と言うと。
 これはあくまでも仮定の話だが、
 もしプーチンが巨大化したらNATOなんてひとひねり。
 ぜんぜん余裕。

 で、トルコが問題にしているテロ組織とは、
 ↓『ウィキペディア』フェトフッラー・ギュレン
フェトフッラー・ギュレンは、トルコの宗教家である。トルコにおけるイスラーム道徳をベースにする市民活動の指導者として知られる。「ホジャエフェンディ(尊師)」とも呼ばれる。現在はアメリカ合衆国のペンシルヴァニアに病気療養の名目で亡命中である。
ギュレン運動はかつてトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の支持母体となるなど、ギュレンとエルドアンは協力関係にあった。しかし2013年末にエルドアン政権に大規模汚職事件の名の下に第一回目ソフトクーデターを試み、エルドアン側はギュレンが仕掛けたものとして両者の関係は悪化。2016年7月15日にトルコで発生したクーデター未遂事件では、クーデターを試みた勢力がギュレン運動とつながっていたと目され、アメリカに対しギュレンの身柄引き渡し要求が行われたが、ギュレン自身は関与を否定している。 2016年現在、アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 セーラーズバーグ在住。


 トルコでも、2014年のウクライナ・クーデターみたいなのが行なわれた。失敗したけど。
 アメリカ・イスラエル・サウジアラビアが工作したカラー革命の一環。
 スウェーデンとフィンランドがテロ組織を支援しているのは、そのテロ組織が西側諸国の一員だからだろう。


 ↓『スプートニク』アゾフスタリ製鉄所の敷地が完全解放=露国防省(2022年5月21日)
(略)
ロシア国防省公式報道官のイーゴリ・コナシェンコフ少将は、「ウクライナのナチ組織『アゾフ』戦闘員によって4月21日から 封鎖されてきたマリウポリのアゾフスタリ製鉄所の敷地が完全に解放された」と発表した。
コナシェンコフ報道官によれば、アゾフスタリの地下に潜伏していた戦闘員らはロシア軍の全面的な統制下に移行した。これにより、5月16日から開始の作戦で、製鉄所の敷地内に立てこもっていたナチ組織「アゾフ」とウクライナ軍の戦闘員の合計2439人が武器を捨て、投降した。
コナシェンコフ報道官は、投降したアゾフ大隊の司令官は、地元住民からの報復を回避するため、装甲車に乗せてアゾフスタリ製鉄所から連れ出されたと補足した。今日、5月20日は最後まで立てこもっていた531名の戦闘員も降伏している。


 初期に投降した兵士への聴取で、
 アゾフスタリには2500人の戦闘員がいて、そのうち800人がアゾフ大隊、という情報があった。
 このアゾフ大隊がテロ組織と認定されたら、捕虜の交換からは除外されて、裁判を受けるのだろう。

 でもまぁ、ウクライナはロシアに勝つつもりだから、
 プーチンが失脚したら、欧米の代理人のロシア大統領によってアゾフの戦闘員は恩赦になる、と思っているのでは?

 マリウポリは親ロシアの住民が多いからアゾフ大隊が弾圧していた。
 だから「投降したアゾフ大隊の司令官は、地元住民からの報復を回避するため、装甲車に乗せてアゾフスタリ製鉄所から連れ出された」のだろう。


 ↓『スプートニク』ショイグ国防相、ルガンスク人民共和国の解放は間近と表明(2022年5月20日)
ルガンスク人民共和国の解放は終わりが見えている。20日、ロシア国防相のセルゲイ・ショイグ陸軍将官が軍機関の会合で表明した。
同相は、「ロシア軍のグループは、ルガンスクおよびドネツクの両人民共和国の民兵部隊と共同で、ドンバス領内での統制を広げている。ルガンスク人民共和国の解放は終わりが見えている」と語った。


 ルガンスク州で、ウクライナ側で残っている都市は、セベロドネツクとリシチャンスクの2つ。

 ↓『ウィキペディア』セベロドネツクの戦い (2022年)
(略)
2022年5月時点でセベロドネツクと隣接都市リシチャンシクはルハーンシク州でウクライナが保持している最後の拠点である。
(略)
5月6日、ロシア軍とルガンスク人民共和国(LPR)軍は、セベロドネツク郊外に前進し、同市のすぐ北にあるVoevodivka村を攻撃した他、南東のVoronove村を占領した。その他の村もセベロドネツク包囲を目指すロシア軍の攻撃を受けた。その後、市長のAlexander Stryukは、セベロドネツクが「事実上包囲されている」と報告した。後に、ロシア軍と分離主義勢力がビロホリフカとボジェボディフカ村、リシチャンシクを攻撃し、南からセベロドネツクを封鎖しようとした。
5月9日、LPR軍がセベロドネツク南東の集落Nyzhnjeを制圧し、Nyzhnjeに隣接する集落Toshkivkaへの攻撃を開始したと報じられた。ロシアが西からセベロドネツクをさらに包囲しようと試みたため、ルビージュネ、Vojevodivka、ビロホリフカで激しい戦闘が続いた。翌日もロシアは都市とその周辺への攻撃を継続した。ウクライナ軍は、ロシア軍の前進を妨害しようとビロホリフカ近郊のドネツ川に架けられたロシアの浮橋を破壊し、その過程でロシアの一個大隊のほぼ全体を破壊した。ウクライナの地方警察署長Oleh Hryhorovによると、ロシアの大砲が市内に通じる通行可能な一般道を自由に攻撃できているため、セベロドネツク及び隣接するリシチャンシク市は戦術的に包囲されているという。市内では電力と水の供給が途絶え、何万人もの民間人が基本的必需品を失った。
(略)


 戦術的に包囲されているらしい。
 (戦術的に?)
 (あまり分かっていない)
 こっちは投降禁止らしい。


 ↓『スプートニク』ウクライナでは米国の管理下で生物兵器成分がつくられていた=プーチン大統領(2022年5月17日)
ロシアのプーチン大統領は16日、集団安全保障条約機構(CSTO)の首脳会議で、ウクライナでは米国の管理下で生物兵器成分がつくられ、独立国家共同体(CIS)の疫学的状況を不安定化するメカニズムが考案されていたと述べた。
プーチン大統領はCSTOの首脳会議で「いまでは、ウクライナでの特殊作戦の過程で、事実上、我われの国境から至近距離で生物兵器成分がつくられていたという文書に基づいた証拠が入手されている。生物兵器禁止条約に違反している。旧ソ連新独立国家(NIS)諸国の疫学的状況を不安定化するための可能な方法とメカニズムが考案されていた」と述べた。
4月、ロシア軍放射線・化学・生物学防護部隊のイーゴリ・キリロフ中将は、ウクライナ領内における米国の軍事生物活動に関連する文書の分析結果に関するブリーフィングで、米国の学者らがウクライナ東部ハリコフの精神病院の患者らに対して潜在的に危険な薬物試験を行っていたと発表した。


 プーチンが発表したということは、確かな証拠があるということだろう。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ウクライナ侵攻/フィンランド

 ↓『産経新聞』週内にも同時加盟申請へ 北欧2国、NATO(2022/5/17)
北大西洋条約機構(NATO)に加盟申請する方針を正式表明した北欧スウェーデンとフィンランドで、申請に向けた国内の手続きが始まった。フィンランド議会は16日から討議入りし、17日にも申請を正式決定するとみられる。スウェーデンメディアによると、既に同国の申請書類はそろいフィンランドの決定を待機している状態で、週内にも同時にNATOに申請する可能性がある。
(略)


 なんのためにフィンランドはNATOに加盟するのか?

 NATOに加盟したあとに、
 フィンランドがロシアに侵攻。ロシアがフィンランドに反撃。
 または(偽旗で)ロシアがフィンランドに攻撃。
 で、NATOが参戦。

 ↓『スプートニク』ロシアとウクライナ両政府間の交渉は「いかなる形態」でも行われない=ロシア外務省(2022年5月17日)
ロシアのアンドレイ・ルデンコ外務次官は17日、ロシアとウクライナの両政府間の交渉は、いかなる形態でも行われず、ウクライナ政府は実質的に交渉プロセスから撤退したと語った。
(略)


 NATOが参戦する予定だから、ウクライナは交渉打ち切り。

 イギリスが「ウクライナからロシアを押し出す」と言っていたが、
 フィンランドのNATO加盟からのNATO参戦は、イギリスの主導だろう。

 ↓『時事通信』8月「転換点」、勝利に自信 ウクライナ国防情報局トップ(2022年05月16日)
【ロンドン時事】ウクライナ国防情報局トップのブダノフ少将は14日、英スカイニューズ・テレビのインタビューで、侵攻を続けるロシア軍との戦いに関し、ロシアが2014年に併合したクリミア半島を含め「ウクライナは失ったすべての領土を回復し、主権を取り戻す」と述べ、勝利に自信を示した。
ブダノフ氏は8月後半に戦争の「転換点」が訪れ、「激しい戦闘行動のほとんどは年内に終わるだろう」と語った。「(勝利は)簡単ではないが、間違いなく訪れる」と強調した。


 8月後半の「転換点」がNATOの参戦。

 ただし、そうなったらロシアは欧州向けのエネルギーを停止するだろう。
 欧州は8月までに代替先を探さなければならない。

 それとも、戦闘は短期間で終わると考えて、
 プーチンを失脚させたら、エネルギー供給は元通りになると考えているのか?

 最悪は、戦闘が長引いて、
 エネルギーなしで冬を越えなければならなくなったとき。

 エネルギーの取り合いになったら、日本が負けそうな気も。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ