fc2ブログ

ウクライナ侵攻

 「汚い爆弾」。
 これで分かったことは、ウクライナから情報が漏れているんじゃないか?ということ。

 で、この「汚い爆弾」にはイギリスが関わっているとか。
 でも、イギリスが「汚い爆弾」なんて、意味のないことをするのか?という疑問がある。
 (ウクライナ単独の計画ならありえるが)

 そうすると、イギリスがウクライナからの情報漏えいを疑って、
 「汚い爆弾」の情報を流してみた、という話かもしれない。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ウクライナ侵攻

 あまり話題がないが。

 ↓『櫻井ジャーナル』英国防相の米国への秘密訪問とキエフ政権の「汚い爆弾」計画との関係が噂に(2022.10.28)
 イギリスのベン・ウォレス国防相が10月18日にアメリカを秘密裏に訪問し、国務省や情報機関の高官のほかロイド・オースチン国防長官やマーク・ミリー統合参謀本部議長と会談、ジェイク・サリバン国家安全保障補佐官と会ったという。
 通信のセキュリティーに不安があったので直接会いに行ったと解説する人もいるが、それが事実なら、現在使われているSTEやSCIPを含むシステムが信頼できないということになる。そこで噂されているのが、ロシアのメディア、スプートニクが10月23日に伝えた記事との関係。
 スプートニクは「複数の国の信頼できる匿名の情報源」から得た情報として、キエフのウォロディミル・ゼレンスキー政権が「汚い爆弾(放射能爆弾)」を爆発させ、欧米が支配している有力メディアを使ってロシアに責任をなすりつけ、反ロシア宣伝を世界規模で展開しようとしているとしている。その「汚い爆弾」は西側の管理下、ドニプロペトロフシクにある東部採掘加工プラントやキエフ核研究所で製造されるとする情報も伝えられた。
 スプートニクの記事が事実なら、ゼレンスキー政権に協力する可能性が高いのはイギリスとアメリカであり、極秘作戦の情報がロシアへ漏れたということになる。つまり、そうした情報を知りうる立場にあるロシアのスパイがいるか、事態の深刻さを懸念した告発者がいると考えざるをえなくなる。米英両政権にとって緊急事態であり、直接会って善後策を協議しなければならなかっただろう、ということだ。
 ロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣は「汚い爆弾」に関する情報を中国やインドへ伝え、10月23日には電話でアメリカ、イギリス、フランス、トルコの国防当局へ警告したという。これは想定される西側のプロパガンダ対策だろう。それに対し、イギリス、アメリカ、フランスは共同で声明を発表、ウクライナが汚い爆弾を使う可能性は高くないと主張している。
(略)


 なるほどね、と思って。
 ウクライナの内部情報がロシアに漏れている。

 『ミリタリーレビュー』で、ウクライナによるテロを阻止した、という記事がけっこうあるが、
 それも情報が漏れているからかもしれない。

 そうだとすれば、ウクライナ内部に情報提供者がいるか、スターリンクが怪しい。

 たしか『ミリタリーレビュー』だったと思うが、ロシアにはスターリンクを無効化する技術がある、と。
 無効化できるんなら傍受もできるんじゃないの?

 ↓『ミリタリーレビュー』アメリカの科学者は、安全な運用を脅かすスターリンク衛星通信システムの脆弱性を発見しました(2022年10月22日)
(略)
ハイテク分野の研究開発について執筆しているアメリカのジャーナルMIT Technology Reviewは、テキサス大学の科学者がStarlinkセキュリティシステムに脆弱性を発見したと報告しました。 衛星システムはインターネット接続を提供するだけでなく、GPS ナビゲーション システムとしても機能することがわかりました。
(略)これによりスターリンクシステムのタイミングシーケンスが予測不可能になるということです。GPS システムが安全でないオープン ソース チャネルで動作することを考えると、Starlink 信号のなりすましが容易になります。
(略)


 ぜんぜん分からないが、脆弱性があるらしい。


 ↓『スプートニク』「ノルドストリーム」のテロ・黒海艦隊攻撃、英国が計画に参加=露国防省(2022年10月29日)
ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は29日、バルト海を通る海底パイプライン「ノルドストリーム」で起こったテロについて、英海軍が作戦計画に参加していたと発表した。またこの日、露クリミア半島のセバストポリで発生したウクライナ側によるロシア黒海艦隊への攻撃についても、英国の特務員の指導のもと実施されたとしている。
コナシェンコフ報道官によると、29日早朝、ウクライナ側がセバストポリにある露黒海艦隊の基地を無人航空機(ドローン)などでテロ攻撃した。露軍の対抗措置により、ドローンは全て破壊された。ロシア側は掃海艇1隻と港湾内の海上遮蔽装置が軽微な損傷を受けた。
また、被害を受けた黒海艦隊の船団は、国際合意に基づいてウクライナの港から穀物を輸出する海上人道回廊の安全を守っていたものだったとしている。
一連の攻撃の計画やウクライナ軍の第73海上作戦特殊部隊の教練は、ウクライナ南部ニコラエフ(ミコライウ)州オチャコフ市にいた英国の特務員の指導のもと行われたとしている。また、この英海軍の特殊部隊は9月に起こった「ノルドストリーム」の爆破テロの計画や実施にも関与している疑いがあるという。
(略)


 まず、
 クリミアの黒海艦隊が、ウクライナのドローンによって攻撃を受けた。
 この攻撃はイギリスが指導していた。
 「被害を受けた黒海艦隊の船団は、国際合意に基づいてウクライナの港から穀物を輸出する海上人道回廊の安全を守っていたものだった」から、
 ロシアは、この攻撃はテロだ、と。
 もう一つの話は、この黒海艦隊への攻撃を指導したイギリスの特殊部隊は、ノルドストリームの爆破にも関わっていた疑いがある、と。

 イギリスか。
 まぁそうだろうな、としか。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

日記

 ダメ。もう、ぜんぜんダメ。
 ブログを更新しようと思っているが、
 思いつくネタが全部、まとまらない。
 途中まで書いて、
 「ダメダメ、これはボツ」の繰り返し。
 根性入れて『人間知性新論』を読むしかないか。
 まだ1ページも読んでいない。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ロック

 ロックの『人間知性論』をやっと読んだが。
 用語の段階で意味がつかめない。

 ↓『世界の名著27 人間知性論』訳=大槻春彦(中央公論社)P167
 第一、公理が心に最初に知られる真理でないことは、すでに他の箇所、すなわち第一巻第二章で明示しておいたように経験上明白である。というのは、綿密に観察すれば気づくだろうが、一般観念は心の虚構・案出物で、難点を伴い、想像されがちなほどたやすくは出てこないのである。たとえば、三角形の一般観念〔これでも最も抽象的、包括的で、困難な観念ではない〕を形成するには、多少の労苦と熟練が要求されはしないか。なぜなら、この三角形の一般観念は、斜角でも直角でもあってはならず、等辺でも等脚でも不等辺でもあってはならず、それらのすべてであると同時に、どれでもないのでなければならないからである。実際、これはある不完全な存在できないものであり、いくつかの違った、撞着する観念の諸部分を集め合わせた観念である。すくなくとも、これは、最も抽象的で一般的な観念が、心の最初に最もたやすく識(し)るものでなく、最も早い知識のたずさわるものでないことを、明示するにたるのである。

 根本原理も生得的ではない、と言っているのだが、
 その説明に出てくる(三角形の)「一般観念」という用語。

 なんとなく、抽象化された観念を「一般観念」と言っているように思えるが。
 その場合、それは「概念」と同じ意味になるだろう。
 (ロックは、何か理由があって「概念」という言葉を使っていないのだろうけど)

 概念の場合、概念は「言葉」であって。
 三角形の概念は、「三つの辺がある形」という「言葉」になる。
 (三「角」形なんだから、「三つの角がある形」かもしれないが、)
 (三つの辺があるから、必然的に「三つの角」になるんであって、)
 (最初に認識するのは「三つの辺」だと思う)

 概念は言葉だが、
 (だから言葉がない(=概念がない)赤ちゃんは、観念の世界で生きている)
 ロックは「一般観念」を、あくまでも観念(像、イメージ)として考えていて。
 「この三角形の一般観念は、斜角でも直角でもあってはならず、等辺でも等脚でも不等辺でもあってはならず、それらのすべてであると同時に、どれでもないのでなければならないからである」
 と、おかしなことを言う。

 概念としての三角形の場合、三つの辺がある形が三角形であって、
 直角でも、等辺でも、三つの辺があれば三角形。

 冨田恭彦の『ロック入門講義』(ちくま学芸文庫)によると、
 バークリもロックのこの箇所を批判しているようだが。
 で、冨田恭彦はロック好きだから、バークリの批判のほうが間違い、としていた。
 (冨田恭彦がどういう理屈でロックを擁護していたか、忘れた)
 (そもそも冨田恭彦は「ロックは観念論」という立場で、)
 (経験論としてロックを読むバークリは間違い、みたいなことを言っていたと思う)

 (ロックの経験論は間違っている)
 (カントに比べると見劣りする)
 (ロックの研究者はそれがイヤだから、「ロックは観念論」とおかしな擁護をしているんじゃないの?)


 いろいろとロックはおかしい。
 (でも、「すべては経験である」という理念は正しい)
 (ロックの経験論は間違っているが、哲学史における意義はある)
 (冨田恭彦のように「ロックは観念論」とするのは、ロックを貶めることになる)

 そう言えばライプニッツがロックを批判していたな、と、
 そのライプニッツの『人間知性新論』を図書館から借りてきた。
 ライプニッツはどんなツッコミをしているんだろう?と。
 ただ『人間知性新論』は、一目見て、うんざりするほどの本の厚さ。
 2週間+延長の2週間でも読める気がしない。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ