fc2ブログ

ウクライナ侵攻

 普通の学者は、
 「プロパガンディストと一緒にされたくない」
 と思うだろうけど、基本的にやっていることは同じ。
 現象の解釈。


 まぁテレビに出ているようなプロパガンディストが、
 「学者」を名乗っていることへの憤りは分かる。
 でも、多くの賛同を得た仮説が「真理」であるから、
 (それが近代学問というものだから)
 プロパガンディストが重宝される。
 テレビ局の顧客はスポンサーだから、
 スポンサーのご意向もあるだろう。


 ウォルトがやっているのは現象についての解釈。
 しかし、それは解釈にすぎず、本質ではない。
 というか、近代の学問は、すべて現象の解釈。
 本質は知りえないものとする。
 で、多くの人が賛同した解釈を「真理」とする。空疎な学問。
 「政治学」や「歴史学」という「ものさし」を使って、現象を解釈する。


 結局。
 まだ十分な情報が出ていないから、
 ウクライナ侵攻の原因は分からない。
 (それが今後出るかどうかも分からないが)
 今の時点で推測を強弁しても、と思う。
 意味あるの?


 ↓『アゴラ』なぜ戦争の議論はかみ合わなくなるのか(2023.02.22)野口 和彦
(略)
他方、政治学者のスティーヴン・ウォルト氏(ハーバード大学)らは、NATO拡大がロシアを存亡の危機に陥れたことに戦争の根本原因を見出します。
彼によれば、この戦争はウクライナが西側の軌道に滑り込むのを止めるためにロシアが始めた予防戦争として最も理解できます。プーチンはウクライナを武装・訓練するアメリカ主導の努力により、モスクワがキーウ(キエフ)の地政学的連携を最終的に止められなくなると信じていたのです。プーチンはウクライナの喪失がロシアに与える危険を恐らく過大評価していたのだという結論になります。
ここでのウクライナ戦争の生起に関する因果プロセスは、バランス・オブ・パワーの極端な変化→プーチンのパラノイア→戦争となります。
(略)


 ウクライナがEU/NATOに加盟できる可能性はゼロ。
 だからNATO拡大はウクライナ紛争の原因ではない。

 ウォルトは、プーチンが状況判断を間違えた=プーチンのパラノイアを
 ウクライナ侵攻の原因としているようだが、そんなわけないじゃん?
 ハーバードはバカだなぁ。


 陰謀論、1ついかがですか?
 『ツイッター』で、マイナンバーカード反対ってのが流れてくるんだけど。
 マイナカードは住民登録を基にしている、はず。
 反対している人は、住民登録していないんじゃないの?
 住民登録していなければ、住民税の請求が来ないはず。
 で、マイナカードを取得するとなれば、
 これまで払ってこなかった住民税を請求されるだろう。
 まぁもしそうなら、ちょっとずつ払っていくしかないんじゃないの?


 バフムト包囲の情報が正しいなら、陥落は時間の問題。
 食料・弾薬の備蓄次第。
 でも、明日あたり、プリゴジンが「あと1年はかかる」とか言うかも。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)プシリン:一部のウクライナ人捕虜は、ロシア軍の側で戦うことによって罪を償うことが自分たちの義務であると考えています(2月27日)
DPR の長官代理は、囚人から部隊がすでに形成されていると述べた。
モスクワ、2 月 27 日。/TASS/. ドネツク人民共和国のウクライナ人捕虜の一部は、自分の罪に気づき始め、ボグダン・フメリニツキーにちなんで名付けられた志願兵大隊の一部としてロシア軍の側で戦場に行くことによって罪を償うことが自分たちの義務であると考えています。これは、共和国のデニス・プシリン大統領代理によって月曜日に発表されました。
(略)


 ウクライナ人の捕虜がロシア軍として戦うんだって。
 そりゃ、捕虜交換でウクライナに戻って、またウクライナ軍として戦うよりは、
 勝ち組であるロシア軍で戦ったほうが、生存率が高いだろう。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)ロシア連邦国防省は、SMOの開始以来、ウクライナの600機以上の航空機とヘリコプターの破壊を発表しました(2月26日)
(略)
モスクワ、2 月 26 日。/TASS/. ロシア国防省のスポークスマンであるイゴール・コナシェンコフ中将は、特別軍事作戦の開始以来、ロシア軍はウクライナ軍(AFU)の600機以上の航空機とヘリコプターを破壊したと述べた。
「合計で、特殊軍事作戦の開始以来、次のものが破壊されました:390機の航空機、211機のヘリコプター、3,243台の無人航空機、405台の対空ミサイルシステム、8,042台の戦車およびその他の装甲戦闘車両、1,045台の複数の戦闘車両ロケット発射システム、4,222 門の野砲と迫撃砲、8,556 ユニットの特殊軍用車両」とコナシェンコフは述べた。


 以前、イスラエル情報で、
 ウクライナ軍の航空機300機が失われた、というのがあって。
 私は「そもそも、そんなに持っていないだろ?」と思っていたが。
 ロシア国防省も同じような発表。
 コナシェンコフが言うなら信じられる。
 メドベージェフの発言は「んん?」って思うが。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)ゼレンスキーは、ドンバスでのキエフの軍事作戦の司令官のポストから削除されました
(略)
モスクワ、2 月 26 日。/TASS/. ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、エドゥアルド・モスカレフを、いわゆる統合軍作戦 (JFO、ドンバスでのキエフの軍事作戦) の指揮官としての地位から解任した。対応する法令は、日曜日に 国家元首のオフィスのウェブサイトで公開されました。
(略)


 バフムトのダム破壊が作戦ミスだから?
 バフムト包囲→陥落が確定したから?
 それにしたら、対応が早すぎるか?


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)プシリンは、ウクライナ軍によるアルテモフスクのダムの爆発を「不利益」と呼んだ(2月27日)
DPRの代理長官によると、ダムの爆発により、ウクライナ軍は包囲される可能性がある
モスクワ、2 月 27 日。/TASS/. DPRのデニス・プシリン長官代理は、ウクライナ軍(APU)によるアルテモフスク(ウクライナ名-バフムト)のダムの爆発を「不利益」と呼びましたが、これはロシア軍の前進に大きな影響を与えることはありません。
(略)


 ウクライナ側のダムの爆破は、ロシア軍に大きな影響は無く、
 むしろウクライナ軍のバフムト撤退を困難にする。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)DPR は、アルテモフスクへの道路がロシア軍の管理下にあると報告した(2月27日)
(略)
ドネツク、2 月 27 日。/TASS/. ロシア軍は、アルテモフスク(ウクライナ名 - バフムート)でウクライナ人グループの供給を遮断し、すべての道路が管理されています。これは、軍事政治の専門家であり、DPR のヤン・ガギン長官代理の顧問である月曜日にタス通信に発表された。
「アルテモフスクはついに古典的な作戦環境に陥りました。私たちの軍隊は都市に通じる道路を完全に制御しています。ウクライナ軍の守備隊への弾薬の供給は中断され、停止され、人員の補充とローテーションが行われました。止められた」と語った。
(略)


 バフムトの包囲が完成した、と。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

バブル崩壊

 ↓『ツイッター』kakuyokusyugi@kakuyokusyugi(Feb 25, 2023)
18/
彼らのやり方はいつもこうだ。
まずマネーサプライを大幅に膨らませ、信用を拡大することで、市場に大きなバブルを作り出す。

この段階で重要なのは、バブルをしっかり大きく膨らませることだ。


 ↓『ツイッター』ningen-sang@ningenchang(Feb 26, 2023)
それはものすごく間近でみたことがあるぞ。30年ほど前に。

 ちょっと気になって調べてみた。

 ↓『ウィキペディア』澄田智
澄田 智(すみた さとし、1916年9月4日 - 2008年9月7日)は、群馬県出身の第25代日本銀行総裁、元大蔵事務次官。
(略)
日銀総裁の座に就いた澄田の前には、日米貿易摩擦と円高圧力の難局が待ち受けていた。折からのアメリカの対日貿易赤字の拡大に際して、アメリカ側は日本側への政治的圧力を強めてきていた。1985年のプラザ合意でドル高是正が行われ、円レート決定は完全な自由相場制に移行し急激な円高となった。
澄田は金融当局の最高責任者の1人としてこの問題への対応を迫られ、プラザ合意直後は公定歩合を据え置くとともに無担保コールレートを上昇させるという短期市場金利の「高目放置」路線をとったものの、大蔵省の要請や円高不況への懸念により、遅ればせながら翌1986年に入り金融政策の大幅な緩和へと舵を切った。
(略)
澄田は日銀総裁退任後、仏投資銀行ラザール・フレール顧問に就いた。
※仏投資銀行ラザール・フレールはロスチャイルドの一部であり、バブル崩壊後日本企業が外資の買い漁られるなどの原因を引き起こした。


 金融緩和によってバブルが発生した1986年の日銀総裁は、澄田智。
 澄田智がバブルを発生させ、バブル崩壊後は日本企業を買い漁った。

 ちなみに1986年から88年までの大蔵相は宮沢喜一。

 そういうことで、バブル自体が「西側」が意図的に仕掛けたもの。


 ↓『ツイッター』Share News Japan@sharenewsjapan1(Feb 26, 2023)
【動画】北村弁護士「帰化して国会議員に出馬する際には、国籍の履歴を公表すべきである」「みなさんはどう思いますか?」

 民主党政権のときに、
 ちょっと何かあったんじゃないのかなぁ、
 と思っている。

 だから、アベノミクスはクソだが、
 自民党政権に戻ったことは良かったんじゃないの?
 と思っている。


 ↓『YAHOOニュース』鈴木宗男氏「ロシアへの経済制裁やめれば北方領土は返ってくる」ムネオ節がさく裂(2/25(土))テレビ愛知
ロシアに対する日本の経済制裁について、参議院議員の鈴木宗男氏は「日本が経済制裁をやめれば、北方領土は返ってくる」と繰り返し主張した。
(略)


 さすがに「そういうことではない」と、つっこんでおく。


 ↓『アゴラ』中国発「ウクライナ和平案」12項目(2023.02.25)長谷川 良
(略)
1) 国家の主権を尊重:一般に認められている国際法と国連憲章は「厳密に」遵守されなければならない。
(略)
12項目の中で、1)はウクライナに軍を侵攻させたプーチン大統領への批判になる一方、「台湾の軍事的統合」を図る中国共産党政権にとっては100%歓迎される内容とは言えない。ただし、紛争の和平案という以上、加害者側の国家主権蹂躙を指摘せざるを得なかったわけだ。
(略)


 『世界日報』目線で見るから、そうなるんだろうけど。
 中国の提案なのに、
 「中国共産党政権にとっては100%歓迎される内容とは言えない」
 となるわけがないじゃん。

 中国もアメリカも日本も、台湾は国ではなく地域という認識。
 「国家の主権を尊重」というのは、
 ウクライナの主権を尊重するから、
 台湾問題では、中国の主権を尊重しろ、となる。


 兵頭慎治の、おじいちゃんにしゃべらせないの、好き。


 ↓『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)軍事特派員: ロシア軍はアヴディウカの北にある敵の防衛線を突破し、クラスノゴロフカに到達した(2023/2/25)
ロシア軍がアヴディウカの北にある敵の防御を突破し、クラスノゴロフカの入植地に接近したという情報があります。
(略)
Novobakhmutovka-Krasnogorovkaの方向に防御線を突破すると、北西からAvdeevkaの敵の後方に入ることができます。このような状況では、ウクライナ軍の指揮は、難攻不落と考えられていた防衛線の穴を塞ぐために予備を移す方法を探しています。これが起こらない場合、ロシア軍は北方向からAvdiivkaへのアプローチを遮断します。


Ukraine13.jpg
 ロシア軍は、①アウディーイウカの北の②クラスノゴロフカに接近した、と。
 ここを制圧すれば、アウディーイウカの後方に入っていける、らしい。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)PMC「ワーグナー」は、ウクライナの治安部隊がアルテモフスクのダムを爆破したと報告しました(2月26日)
DPR 長官代行の顧問である Jan Gagin 氏によると、民家や地下室が浸水したという最初の報告が寄せられました。
ドネツク、2 月 25 日。/TASS/. ウクライナ軍はアルテモフスクのセヴェルニ・スタヴォク貯水池にあるダムを爆破した。これは、ワーグナーPMCのプレスサービスによって土曜日にTASSに報告されました。
彼らは、それが「Northern Stavok」と呼ばれる貯水池のダムであることを明らかにしました。「確かに、ウクライナ軍がダムを爆破した」とプレスサービスは述べた。
TASS によると、DPR の Denis Pushilin 長官代行の顧問である Yan Gagin 氏によると、地元住民の民家や砲撃から身を隠した地下室が浸水したという最初の報告が寄せられています。
(略)


 バフムトで、ウクライナ軍がダムを爆破した、らしい。
 今のところ、ロシア軍の被害報告は見ていない。
 ダムと言っても大きいものではない、とか。
 でも建物の地下に避難している民間人に被害が出るだろう。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ウクライナ侵攻

 今日はなんかダメ。
 面白い話が無い。


 ↓『ツイッター』シトロ@CPR78865430(Feb 25, 2023)
神真都Qの父親に「ワクチンは毒だから打つな」と言われた
その父親は接種会場に侵入したとして、逮捕された
親戚からの電話で、父親が逮捕されたと知った。電話口でしばらく言葉が出なかった。
勾留後、父親は帰ってきたが、考えは変わらない。事件は「不当逮捕だ」と言う。


 こういう、他人に干渉する人が分からない。
 自己顕示?


 ↓『ツイッター』あいひん@BABYLONBU5TER(Feb 25, 2023)
東京保険医協会に所属する274人が「マイナ保険証」義務化による権利侵害を提訴。厚労省からオンライン資格確認の義務化に従わない診療所、保険医療機関は療養担当規則に違反するため「保険医療機関の資格を取り消す」と圧力をかけられていたことが判明。マイナンバーカードを巡る圧政に異議を唱える。

 これ、医療機関からの不正請求を防ぐため、
 なんじゃないの?


 ↓『ツイッター』マーシャ@masha7142124(Feb 25, 2023)
たとえば、北方4島のロシア系住民が「今日から日本に帰属する」と宣言し武装したら、岸田は彼らを支援するきがあるんですか?米軍がどれだけ当てになりますかね?血を流すのは日本人です。
そんな覚悟もないくせに、固有の領土とか言うな。岸田に賛同する日本国民もです。


 話が分からない。
 日本は受け入れるし、ロシアも承認するんじゃないの?

 ドンバスの住人がロシアに帰属するとしたのだから、
 日本はそれを承認するべきでは?という話なら、
 そうだろうけど、そこはアメリカ様の意向がある。


 ウクライナ人は徹底抗戦を望んでいるのか?
 望んでいるのはゼレンスキーとかウクライナ政府であって。
 ウクライナは男性の出国を禁止しているけど、
 それを解除してみたら?


 コロナ騒動のときのヨーロッパを見ていると。
 政府が権威主義で、強制や義務を仕掛けてくるのに対し、
 国民は民主主義で抵抗する。
 (キリスト教が支配していた歴史があるからか?)

 日本の場合、国民が権威主義を望む。
 その国民に対して政府は、
 民主主義(自己責任)で責任逃れをする。

 日本は権威主義の国。
 コロナワクチンが失敗だったと分かれば、
 日本人は政府を批判するだろう。
 自分の責任を政府に転嫁する。


 ↓『ツイッター』Kazuto Suzuki@KS_1013(Feb 25, 2023)
「秘匿して行く必要があるのか。国会の了承を得て堂々と行くのも一つの姿だ」

堂々と行っても危険がないという判断なのか。安全を保証できるという自信があるのだろうか。国内のルールを守ることが、訪問のリスクを管理することよりも大事なことなのか。
(略)


 バイデンのように、ロシアの許可をもらわないといけないのだから、
 訪問の日時を秘匿する必要が無い。
 岸田文雄が行くに行けないのは、ロシアの許可が出ないからでは?


 ↓『ツイッター』絢香@QueenARZ(Feb 25, 2023)


PASCO のパンがスーパーで
大量に売れ残っている…
バケットにコオロギパウダー入れて
販売(政府助成金)しているので
消費者はPASCO全商品がコオロギパウダー含まれてると思われている…
更に、コオロギに伴うボツリヌス菌があり食べると神経麻痺になる
可能性が出る…
商売は一度信頼失うと地獄


 私は、別にコオロギが健康を害するとは思っていないが。
 何もコオロギを好き好んで食べなくてもいいじゃん?
 と思っているだけ。
 馬刺し(生肉)を食べれないのと同じ。
 食べたいと思わない。


 ↓『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)ルカシェンカの来るべき中国訪問は、ミンスクと北京の間の協力のためのコースの継続となる(2023/2/25)
ベラルーシ共和国の大統領は、2 月 28 日から 3 月 2 日まで中国を公式訪問する予定です。来たるべきルカシェンカの中国訪問は、ミンスクと北京の間の友好関係と互恵協力のこれまでのコースの継続となるだろう。
(略)


 ベラルーシもロシアから離れる?
 分かんないけど。
 とりあえず怪しそうな記事を、メモっとく。


 ↓『AFP』ウクライナ大統領、中国主席と「会談予定」(2023年2月25日)
【2月25日 AFP】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー(Volodymyr Zelensky)大統領は、ロシアの侵攻開始から1年となった24日、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席と会談する予定だと明らかにした。これに先立ち中国は、ウクライナとロシアに早急の和平協議開催を呼び掛けていた。
 ゼレンスキー氏は会見で「習近平氏と会談する予定だ」「世界の安全保障にとって重要な意義を持つ」と明言。ただし、時期や場所には言及しなかった。
(略)


 これもクセェ。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)米国は、ウクライナを解決するための中国の計画を調査していると述べている(2月25日)
(略)
ニューヨーク、2 月 24 日。/TASS/. 米国は、ウクライナの危機を解決するために中国が提案した計画を検討している。これは金曜日、 ABCテレビとのインタビューでアンソニー・ブリンケン米国務長官によって述べられた。
(略)
ブリンケン氏は、中国が提出した文書には、主権と領土保全に関する規定を強調し、「ウクライナ人が長い間話してきたことと関連する点がある」と指摘した。
(略)


 やっぱり「主権と領土保全」でしょ?
 というか、手を組んでいるんでしょ?

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

ウクライナ侵攻

 ↓『ツイッター』geo | ジオ@diplo_geo(Feb 24, 2023)
混乱するのは当然だと思います。共産革命とは、プロリタリアートの革命では無かったのです。革命にはお金がかかります。近代の革命とは、ユダヤ系の大富豪がお金を出し、ユダヤ系の革命分子が起こしたユダヤ革命でした。芸術もエンタメもノーベル賞もユダヤの息がかかっており、ピカソも共産党員でした

 マルクスがユダヤ人というのは知っていたが。
 『ウィキペディア』で「マルクスはロスチャイルド家の一員」というのを知ったら、
 見方が変わってくる。


 ↓『ツイッター』ningen-sang@ningenchang(Feb 24, 2023)
お手盛りで言うてるで!

"これらのカラー革命には「欧米が深くコミットした」面があるというのも重要な論点になろう"
"「ニューヨークに本部を持つソロス財団(オープン・ソサエティ財団)のようなNGO、アメリカ政府までがかかわり、資金面、技術面の援助をしたとされます"

今は正義のウクライナマンと化した専門家の先生方も、2014~15年ごろの記事を読むとびっくりするぐらい中立でその落差に恐れをなす。
そんな中、廣瀬陽子先生は多分天然。

「結構、節操ない手段で欧米も関与しているんですよ。例えばオレンジ革命のときも、わたしのアゼルバイジャン人の知人で、お母さんがウクライナ人の人がいて、やっぱりウクライナ語も上手なので、2004年、米国にリクルートされたと言っていましたね。」
「キーウ(キエフ)に豪華なマンションを買ってもらって、そこを拠点に諜報活動をやって、情報をアメリカに伝えたり、アメリカからの情報をウクライナの活動家に伝えていたそうです」


 廣瀬陽子先生は善悪が分からないのだろうか?
 アメリカがやっていることは、善悪に関係なく肯定する?
 そこにシビれて、あこがれてる?


 ↓『ツイッター』山岡鉄秀@jcn92977110(Feb 24, 2023)
次は昆虫寿司。グローバルアジェンダだから次から次へと来る。認知戦に弱い日本人は今度こそ跳ね返せるか?

 コロナワクチンも。
 接種は個人の自由だから、個人が拒否していれば、跳ね返せたのに。
 民主主義国家では、国民の過半数が受け入れれば、ガンガン入り込んでくる。
 (国民の過半数が望んでいれば、政府はそれに従う)
 (それが民主主義)

 「お上」がすべてを決めてくれる、というのは権威主義。
 で、「ワクチンが間違いだった」となれば、政府批判するんでしょ?
 そういうのも権威主義。


 ↓『ツイッター』大神@ppsh41_1945(Feb 24, 2023)
自民党は「旧統一教会との関係を絶つ」なんて言っていたけど、全くの口だけだったな。何で今すぐ統一教会に解散命令をせずに、地方統一選が終わって国民を軽視出来るようになってからするのか。

旧統一教会への解散命令請求、判断は4月以降に 文科省方針(朝日新聞デジタル)


 統一教会は功罪ある、と思う。
 まぁ「罪」のほうが大きすぎるんだけど。


 ↓『ツイッター』トータルニュースワールド@TotalWorld1(Feb 24, 2023)
中曽根氏「男の体で自分は女という性自認の人が女性トイレに入った際、出るように言うと差別と言われかねない」/ネット「ド正論」「細野氏がこれから知恵出すと言ってた」

 さすが統一教会。
 こういうのはしっかりしている。


 ↓『ツイッター』Peacekeeper@Peaceke81017283(Feb 24, 2023)
三月末までにドネツク全域を占領せよというプーチンの厳命
これのソース誰か知ってる?


https://www.ukrinform.jp/rubric-ato/3664106-puchin-lu-da-tong-lingha-lu-junniyue-momadenidonetsuikuruhanshiku-liang-zhou-quan-yuwo-zhi-yasuruyou-mingjitayu-qing-bao-ji-guan.html
『ウクルインフォルム』
プーチン露大統領は露軍に3月末までにドネツィク・ルハンシク両州全域を制圧するよう命じた=宇情報機関(02.02.2023)


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)ロシア大使は、ロシアの反対派は一極世界秩序を放棄する準備ができていないと述べた(2月24日)
(略)
ワシントン、2 月 24 日。/TASS/. ロシアは国際問題を平和的な手段で解決しようとしています。しかし、一極世界秩序を放棄する準備ができていない反対派からの抵抗に直面していると、ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使は木曜日、祖国の防衛者の日のレセプションで語った。
(略)


 アメリカやその衛星国の西側諸国が、
 一極世界秩序を諦めればいいだけの話なんだけど。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)イスラエルはウクライナを支持していると言います(2月24日)
ユダヤ外務省の長官によると、イスラエルは敵対行為の終結を望んでいる
TEL AVIV、2月24日。/TASS/. イスラエルは、ウクライナの主権と領土保全を支持し、そこでの敵対行為の終結を期待しています。これは金曜日に、ユダヤ人国家の外務大臣、イーライ・コーエンによって述べられました。
「最近のキエフとブチャへの訪問中に、私はウクライナでの戦争の悲惨な結果を目の当たりにしました。今日、私はウクライナの主権と領土保全に対するイスラエルの支持と、ウクライナの人々との連帯を、私たちの支持を背景に再確認します。国連やその他の国際機関における多数のウクライナ決議。イスラエル国民は戦争の終結を望んでいる」と大臣はツイッターに書いた。
(略)


 イスラエルのスタンスも分からない。
 イスラエルが提供すると発表した「対空早期警報システム」って、
 アイアンドームじゃないよね?
 (私は軍事がぜんぜん分からないから、)
 (「アイアンドーム」がなんなのか分からない)


 ↓『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)ロシア国防省:ウクライナは沿ドニエストルにおけるウクライナ軍の侵攻を準備している(2023/2/24)
ロシア国防省は、キエフ政権のプリドネストロヴィア・モルドヴィア共和国の計画に言及した別の資料を公開した。以前、ロシア国防省は、ウクライナ政権が挑発を準備しているという情報を受け取ったことを指摘し、ロシア軍の制服を着た過激派がロシア軍を装って沿ドニエストルの側からウクライナの領土に入るようにしました。 . 同省は、状況を監視していると述べた。
(略)
先週、モルドバ外務省の長官が「沿ドニエストル共和国を非武装化し、ロシア軍を追放する」ことを要求したことを思い出してください。そして、マイア・サンドゥ大統領は、ジョー・バイデンに軍事的および財政的援助を求めました。


 ウクライナとモルドバに挟まれたところにある沿ドニエストル共和国。
 ロシアの支援を受けてモルドバに勝利して、1992年に独立国となったが、
 国際的に承認されておらず、モルドバの一部として扱われている。

 その沿ドニエストル共和国の境界にウクライナ軍が集まっている、と。
 ウクライナ軍が沿ドニエストル共和国に侵攻する?
 でも、それだとモルドバが迷惑なんじゃないの?

 少し前には、
 沿ドニエストル共和国に駐留するロシア軍のフリをしたウクライナ軍がモルドバを攻撃して、
 モルドバとロシアの戦争を画策するのでは?
 という話もあったが、それも。

 「マイア・サンドゥ大統領は、ジョー・バイデンに軍事的および財政的援助を求めました」
 むしろ、NATO軍がモルドバに駐留したりしない?
 で、NATO軍と沿ドニエストル共和国のロシア軍とで戦闘が始まる。
 で、NATO参戦。

 となれば、この人。
 ↓『スプートニク』ジョンソン元首相、NATO事務総長のポスト目指す(2023年2月24日)
英国のボリス・ジョンソン元首相はウクライナのテレビマラソンに出演した中でNATO(北大西洋条約機構)の事務総長に立候補する考えを表明した。
ジョンソン首相はテレビ番組の中で、いつNATOを率いるのかと問われ、次のように回答した。
「私がいつNATOを率いるか、素晴らしい考えだ。 そうした考えがあるということを表明しておきたい。誰も忘れないでほしい。このような候補者がいるということを。私は自分を候補者として見ている」
(略)


 もしジョンソンがNATO事務総長になったら、
 それもありえるんじゃない?
 NATO事務総長の交代は10月だっけ?

 いや、モルドバで何か起きるだろうけど、
 それが何なのか分からなくて。
 とりあえずの思いつき。


 中露の離間。
 まぁ私も可能性として言っているだけだけど。
 でもウクライナが勝つにはそれぐらいしか方法が無い。
 で、中露が離間した場合、
 ロシアは中国へのエネルギー供給を止めるだろう。
 そうすると、中国が中東からエネルギーを買いまくる。
 エネルギー価格が上がる。


 ↓『TASS』(グーグル翻訳)ポーランドは、ウクライナでの和解に対する中国の提案が平和への道になり得ると信じている(2月24日)
ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領は、「中国のような偉大なパートナーと大国を無視することはできない」と述べた。
ワルシャワ、2 月 24 日。/TASS/. ウクライナの危機を解決するために中国が提示した提案と、このステップに対するキエフ当局の反応は、平和への道かもしれません。この意見は、金曜日にポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領が RMFラジオ局とのインタビューで表明したものです。
中国の提案とこの問題に関するウクライナのオープンな立場についての質問に答えて、「これは常に平和への道である可能性がある」と彼は言った。「(ウクライナの)ウォロディミル・ゼレンスキー大統領とウクライナ当局がこのように振る舞うのは当然だと思う。中国のような主要なパートナーと大国を無視することはできない」とドゥダ氏は語った。
(略)


 ポーランドのドゥダが中国の和平仲介に肯定的。
 クセェ。


 ↓『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)安全保障理事会のメドベージェフ副議長:「たとえこれらがポーランドの国境であっても、ロシアへの脅威の国境を可能な限り移動する必要がある」(2023/2/24)
(略)
このように、政治家は、特別作戦のために設定された目標を完全に達成することの重要性に注意を向けました。ウクライナが非武装化し、非ナチ化されなければ、遅かれ早かれ、それが存在する国境に関係なく、ウクライナは再び反ロシアの破城槌として使用されるでしょう。


 ロシアは和平仲介を必要としていない。
 ウクライナのナチ政権を排除しないと、同じことが繰り返される。

 ↓『中国外務省』(グーグル翻訳)ウクライナ危機の政治的解決に関する中国の立場(2023-02-24)
1. すべての国の主権を尊重する。(略)すべての国の主権、独立、領土保全を効果的に保証する必要があります。(略)

 これをロシアは認めないだろう。
 (というよりも、「台湾問題に口を出すな」という中国の立場を持ち込んでいる?)
 ウクライナ問題と台湾問題の違いによって、ロシアと中国は同じ立場にはならない。


 ↓『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)中国外務省は、ウクライナでの紛争を解決するための和平案のバージョンを発表しました(2023/2/24)
中国外務省は、ウクライナ紛争を解決するための和平案を発表した。この計画の重要な要素は、敵対行為の停止と交渉の再開です。
中国当局は、危機を克服する鍵は当事者間の対話であり、国際社会の役割はそのような対話を促進することだと主張している。
(略)
中国の和平計画がどれほど実現可能かは、近い将来に明らかになるだろう。
(略)


 今日、発表されたのは、中国の方針であって、
 具体的な内容では無い。
 具体的な内容は、習近平のロシア訪問のときか?
 (それは公表されない?)


 ↓『ツイッター』*** *****!@OKB1917
開戦当時、若干ストレスで体重増えてたけど65kgくらいのはずだったんですよ。今朝測ったら72k(ここで床が抜けて落ちる)

 鶴岡路人に寄せていくつもりなら、
 もっと太ったほうがいい。

↓クリックお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ