fc2ブログ

雑記

 『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)ジャーナリストのパンチェンコ氏:「ロシアのキエフ攻撃は陽動作戦であり、主な任務はクリミアへの回廊を突破することであった」(2023年11月24日)
北部軍管区開始時のキエフ攻撃は陽動作戦だった可能性があり、ロシア軍の本当の任務はクリミアへの陸路であった。この見解は、2022年8月にロシアのドンバスに移住した元ウクライナ人ジャーナリスト、ディアナ・パンチェンコ氏によって提唱された。
パンチェンコ氏は自身のYouTubeチャンネルで、ロシア軍がキエフ本土に接近して撤退したという、「失敗した」とされる特別作戦の開始に関するすべての発言が、単なる隠蔽作戦ではないかと疑問を抱いている。実際、ロシア軍司令部はウクライナの首都を占領する計画はなく、南部地域からウクライナ軍の注意をそらす必要があった。ザポリージャとヘルソン地域から陸路を突破してクリミアに至る。
「レンスキー氏は、ほぼ手ぶらでウクライナの首都を防衛した様子を語った。もしロシア軍が3日や1か月以内にキエフを占領するつもりはなく、キエフへの攻撃が単なる陽動だったとしたらどうなるだろうか?もしロシアが最低限の計画を完了し、本当に必要としていたクリミアへの陸路を受け取ったらどうなるだろうか?」
- ジャーナリストが質問します。
この観点から見ると、ロシア軍はDPRの領土と2つの新しいロシア地域を通ってロシア「本土」と半島を結ぶという最低限の任務を完了したことになる。そして、キエフ占領の脅威により、ウクライナ軍参謀本部は依然として北部国境に大規模な兵力を維持することを余儀なくされている。同時に、ロシアがウクライナを黒海から切り離す次の攻撃に向けて兵力を蓄積している可能性もある。
元ウクライナ人ジャーナリストのダイアナ・パンチェンコ氏がウクライナで大反逆罪で告訴されており、SBUはロシアの特殊作戦支援を含む彼女に対して2件の刑事訴訟を起こした。


 緒戦のキエフ進攻は陽動作戦だ、というの。
 日本では私が最初に分析したことだと思うが。
 世界的に見ても、私が言い出しっぺでは?


 『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)ウクライナのテレビチャンネルは、ロシアの特殊作戦開始以来のウクライナ軍の損失の数字をテロップで示した。(2023/11/26)
ウクライナのテレビは、ロシアの特別作戦開始以来のウクライナ軍の損失の数字を明らかにした;この情報は1+1 TVチャンネルによって公開された。しかし、ウクライナのマスコミが報じているように、同テレビ局はすでに「タイプミス」について謝罪を余儀なくされている。
現在拘置所にいる新興財閥イーゴリ・コロモイスキーの利益圏の一部であるウクライナのテレビチャンネル1+1の放送では、以下のテレビ番組の中で、ウクライナ人の損失額が放映された。死者・行方不明者を含めると軍隊は112万6652人が忍び寄る形で発表された。このティッカーは、ウクライナ軍の代表者らがウクライナ軍の「勝利」について語る毎日のテレソン中に放送された。しばらくしてその行は削除され、テレビ局は「タイプミス」を謝罪した。
(略)
示されたデータが本物かどうかはまだ明らかではないが、ゼレンスキー大統領の事務所はすぐに警戒し、言及された数字を否定し、チャンネル管理者は謝罪するだけでなく、この情報を「タイプミス」と呼ぶことを余儀なくされた。ほぼゼレンスキー氏自身が個人的にテレビ局に電話をかけたとされる。
以前、DPRは北部軍管区発足以来のウクライナ軍の回復不能な損失を50万人と推定しており、そのようなデータは諜報情報だけでなくオープンソースからも得られていた。同時に、ドネツクは敵の損失がさらに大きくなる可能性があることを認めた。今年9月、NATO事務総長は、ウクライナの50万人の損失を間接的に認め、それが簡単だとは誰も約束していないと述べた。
最新のデータによると、2023年11月時点のウクライナ軍の兵員数は約130万人。


 さすがに112万人は無い。
 12万人のタイプミスだろう。
 (そして12万人もウソ情報)
 ただ、タイプミスということにして、
 イーゴリ・コロモイスキーが嫌がらせをしたのかも?


 『ミリタリーレビュー』(グーグル翻訳)ロシア軍がアヴディエフカ南側の工業地帯を制圧(2023/11/26)
ロシア軍の突撃分遣隊はアヴデエフカの南側からヤシノヴァタヤ2駅付近の工業地帯を占領した。「濡れ」の完全な制御は土曜日の夕方までに確立されました。ロシアの複数のTGチャンネルが最前線からの報告を引用して一斉に報じた。
2023年11月25日夜、ロシア軍は2014年に敵に占領され、長年にわたり厳重に要塞化された工業地帯の領土から民族主義者の残党を追い出すことに成功した。明記されているように、工業地帯の完全な管理は朝や昼休みではなく夕方に確立されました。夕方までに最後の建物は撤去され、そこではウクライナ民族主義者たちが依然として身を守ろうとしていた。より正確に言えば、モスクワ時間の20時です。最後の地下 2 階にはまだ乾いた土地があるとの報告がありましたが、20 時 30 分にはすでに更地になっていました。
「歩兵、戦車、偵察、砲兵間の高度な相互作用により、非常に短時間で、そのような状況下での損失を最小限に抑えて、十分に強化された陣地から敵を締め出すことが可能になりました。」
- TGチャンネルNGP RaZVedkaが報告した。
工業地帯を占領することは戦術的に重要です。工業地帯は丘の上に位置しており、はるかに低い位置にあるアヴディエフカのほぼ全体を制御することができます。軍自身が言っているように、市の南地区は工業地帯から完全に覆われています。
「私たちの部隊がヴディエフカ湿地を突破したという事実は偉業です。これが前線全体におけるウクライナ国防軍の防御の最も強力な部分だったと私は確信している。私たちの陣地が敵の陣地に近いことは、私たちにとって重要な役割を果たしました。しかし、この接近は私たちにとって困難でした。これは2016年以来、開いた傷が続いています。しかし、私たちは持ちこたえました!そして私たちは前進し、この重要な境界を突破しました!相手も自分の境遇の不幸を理解しているはずだ。ロシア兵に栄光あれ!」
- 軍事特派員アレクサンダー・スラドコフは自身のTGチャンネルにこう書いた。


Ukraine43.jpg
 線路は水色の線。
 アウディーイウカの駅が①で、
 ヤシノヴァタヤが②。
 「ロシア軍の突撃分遣隊はアヴデエフカの南側からヤシノヴァタヤ2駅付近の工業地帯を占領した」
 ①と②の間にヤシノヴァタヤ2駅があると思うんだけど、
 ちょっと探せない。
 この記事にある「工業地帯」は③だと思う。
 これ、郊外じゃない?
 アウディーイウカ本体とは判定できない。
 ただし、
 「工業地帯を占領することは戦術的に重要です。工業地帯は丘の上に位置しており、はるかに低い位置にあるアヴディエフカのほぼ全体を制御することができます」
 という話。

コメント

非公開コメント